ポートのブロック

大規模感染時に、ウイルス/不正プログラムがウイルスバスター Corp.クライアントエンドポイントにアクセスするために使用する脆弱なポートをブロックします。

警告:

大規模感染予防設定の構成を注意深く行ってください。使用中のポートをブロックすると、それらのポートを使用しているネットワークサービスが使用できなくなります。たとえば、信頼されたポートをブロックすると、ウイルスバスター Corp.は大規模感染の間はクライアントと通信できなくなります。

  1. [クライアント] > [大規模感染予防サービス] に移動します。
  2. クライアントツリーで、ルートドメインアイコン () をクリックしてすべてのクライアントを含めるか、特定のドメインまたはクライアントを選択します。
  3. [大規模感染予防の開始] をクリックします。
  4. [ポートのブロック] をクリックします。
  5. 信頼されたポートをブロックするかどうかを選択します。
  6. ブロックするポートを [ポートのブロック] 列で選択します。
    1. テーブルにポートが表示されない場合には、[追加] をクリックします。表示された画面で、ブロックするポートを選択して、[保存] をクリックします。
      • すべてのポート (ICMPを含む): 信頼されたポートを除くすべてのポートをブロックします。信頼されたポートもブロックする場合は、前の画面で [信頼されたポートをブロック] チェックボックスをオンにします。

      • 指定のポート

        • 代表的なポート: ウイルスバスター Corp.のポート番号を少なくとも1つ選択して、ポートのブロック設定を保存します。

        • トロイの木馬プログラムでよく使用されるポート: トロイの木馬プログラムに使用される代表的なポートをブロックします。

        • 1~65535の任意のポート、またはポート範囲: 必要に応じて、ブロックするトラフィックの方向と、指定したポートをブロックする理由などのコメントを指定します。

        • Pingプロトコル (ICMPを拒否): ping要求などのICMPパケットのみをブロックする場合にクリックします。

    2. ブロック済みのポートの設定を編集するには、ポート番号をクリックします。
    3. 表示された画面で、設定を変更して、[保存] をクリックします。
    4. リストからポートを削除するには、ポート番号の横のチェックボックスをオンにして、[削除] をクリックします。
  7. [保存] をクリックします。

    [大規模感染予防の設定] 画面が再度表示されます。

  8. [大規模感染予防の開始] をクリックします。

    選択した大規模感染予防策は、新しいウィンドウに表示されます。