リアルタイム検索

リアルタイム検索は、継続的に実行される検索です。ファイルの受信時、開かれたとき、ダウンロード時、コピー時、または変更時に毎回、ファイルにセキュリティリスクが存在するかどうかを調べるリアルタイム検索が実行されます。ウイルスバスター Corp.クライアントでセキュリティリスクが検出されなかった場合、ユーザはそのファイルへのアクセスを続けることができます。ウイルスバスター Corp.クライアントがセキュリティリスクまたは潜在的なウイルス/不正プログラムを検出した場合、通知メッセージが表示され、感染ファイルの名前と該当するセキュリティリスクが示されます。

リアルタイム検索は検索キャッシュを保持し、ウイルスバスター Corp.クライアントが起動するたびにキャッシュが再ロードされます。ウイルスバスター Corp.クライアントは、ウイルスバスター Corp.クライアントのアンロード後に行われたファイルまたはフォルダへの変更を追跡し、変更があったファイルをキャッシュから削除します。

注:

通知メッセージを変更するには、Webコンソールを開いて、[管理] > [通知] > [クライアント] に移動します。

リアルタイム検索設定を、1つ以上のウイルスバスター Corp.クライアントおよびドメインに設定および適用するか、またはサーバが管理するすべてのウイルスバスター Corp.クライアントに設定および適用します。