従来型スキャンからスマートスキャンへの切り替え

従来型スキャンからスマートスキャンにクライアントを切り替える場合には、Trend Micro Smart Protectionサービスが設定されていることを確認してください。

詳細については、Trend Micro Smart Protectionサービスの設定を参照してください。

次の表は、スマートスキャンに切り替えるときのその他の注意点を示しています。

表 1. スマートスキャンへ切り替える際の注意事項

注意事項

詳細

製品ライセンス

スマートスキャンを使用するには、ライセンスが次のサービスに対してアクティベート済みで、さらにサポート契約期限切れでないことを確認します。

  • ウイルス対策

  • Webレピュテーションおよびスパイウェア対策

ウイルスバスター Corp.サーバ

クライアントがウイルスバスター Corp.サーバに接続可能であることを確認します。スマートスキャンに切り替わったことが通知されるのは、オンラインクライアントのみです。オフラインクライアントは、オンラインになったときに通知されます。スタンドアロンモードのクライアントは、オンラインになったときに通知されるか、またはクライアントに予約アップデートの権限がある場合には、予約アップデートの実行時に通知されます。

また、ウイルスバスター Corp.サーバに最新のコンポーネントがインストールされていることも確認してください。これは、スマートスキャンクライアントが、サーバからスマートスキャンエージェントパターンファイルをダウンロードする必要があるためです。

コンポーネントをアップデートする方法については、ウイルスバスター Corp.サーバのアップデートを参照してください。

切り替えるクライアントの数

一度に切り替えるクライアントの数を比較的少数にすることで、ウイルスバスター Corp.サーバのリソースを効率的に使用することができます。ウイルスバスター Corp.サーバは、クライアントが検索方法を変更しても、他の重要なタスクを実行できます。

タイミング

クライアントは、初めてスマートスキャンに切り替えるときに、ウイルスバスター Corp.サーバからスマートスキャンエージェントのフルパターンファイルをダウンロードする必要があります。スマートスキャンパターンファイルは、スマートスキャンクライアントでのみ使用されます。

ダウンロードプロセスを短時間で終了させるために、就業時間帯を避けて切り替えることを検討してください。また、サーバからクライアントをアップデートする予定がないときに切り替えることを検討してください。さらに、クライアントでの「今すぐアップデート」を一時的に無効にして、クライアントがスマートスキャンに切り替わってから再度有効にしてください。

クライアントツリー設定

検索方法は、ルート、ドメイン、または個別のクライアントレベルで設定できる、細かい設定です。スマートスキャンに切り替えると次の操作が可能になります。

  • 新しいクライアントツリードメインを作成し、その検索方法としてスマートスキャンを割り当てます。このドメインに移動したすべてのクライアントは、スマートスキャンを使用します。クライアントを移動するときは、[選択したクライアントに新しいドメインの設定を適用する] の設定を有効にします。

  • ドメインを選択し、スマートスキャンを使用するように設定します。そのドメインに属する従来型スキャンクライアントは、スマートスキャンに切り替わります。

  • ドメインから1つ以上の従来型スキャンクライアントを選択し、スマートスキャンに切り替えます。

注:

ドメインの検索方法に対する変更は、個々のクライアントに設定した検索方法よりも優先されます。

IPv6のサポート

スマートスキャンクライアントは、検索クエリをTrend Micro Smart Protectionソースに送信します。

IPv6シングルスタックのスマートスキャンクライアントからは、次のようなIPv4シングルスタックソースに直接クエリを送信することはできません。

  • Smart Protection Server 2.0 (統合またはスタンドアロン)

    注:

    Smart Protection Serverに対するIPv6のサポートは、バージョン2.5から開始されます。

  • Protection Network

同様に、IPv4シングルスタックのスマートスキャンクライアントからは、IPv6シングルスタックのSmart Protection Serverにクエリを送信することはできません。

スマートスキャンクライアントがこれらのソースに接続するには、DeleGateなど、IPアドレスを変換できるデュアルスタックプロキシサーバが必要です。