スマートスキャンから従来型スキャンへの切り替え

次の表は、ウイルスバスター Corp.クライアントで使用する検索方法を切り替える前の注意事項を示しています。

  1. 切り替えるウイルスバスター Corp.クライアントの数

    一度に切り替えるウイルスバスター Corp.クライアントの数を比較的少数にすることで、ウイルスバスター Corp.サーバおよびSmart Protection Serverのリソースを効率的に使用することができます。これらのサーバは、ウイルスバスター Corp.クライアントが検索方法を変更しても、他の重要なタスクを実行できます。

  2. タイミング

    検索方法を切り替える場合、ウイルスバスター Corp.クライアントでは、新しい検索方法に必要なフルパターンファイルをダウンロードする必要があります。

    ネットワーク帯域幅への影響とユーザの日常業務の中断を避けるために、就業時間帯を避けて切り替えることを検討してください。検索方法を切り替える際、ウイルスバスター Corp.クライアントで [今すぐアップデート] が使用できないように設定をしておくことをお勧めします。

  3. クライアントツリー設定

    検索方法は、ルート、ドメイン、または個別のウイルスバスター Corp.クライアントレベルで適用できる、細かい設定です。検索方法を切り替えると、次の操作を行うことができます。

    • 新しいクライアントツリードメインを作成し、その検索方法として従来型スキャンを割り当てます。このドメインに移動したすべてのクライアントは、従来型スキャンを使用します。クライアントを移動するときは、[選択したクライアントに新しいドメインの設定を適用する] の設定を有効にします。

    • ドメインを選択し、従来型スキャンを使用するように設定します。そのドメインに属するスマートスキャンクライアントは、従来型スキャンに切り替わります。

    • ドメインから1つ以上のスマートスキャンクライアントを選択し、従来型スキャンに切り替えます。

    注:

    ドメインの検索方法に対する変更は、個々のクライアントに設定した検索方法よりも優先されます。