スパイウェアとグレーウェア

エンドポイントは、ウイルス/不正プログラム以外の潜在的な脅威からの危険性にもさらされています。スパイウェア/グレーウェアはウイルスやトロイの木馬とは異なりますが、不正な処理を実行する可能性のあるソフトウェアです。ネットワーク上のエンドポイントのパフォーマンスに悪影響を与えたり、セキュリティ、機密性、および法律に関する重大なリスクを企業に与える可能性があります。多くの場合、スパイウェア/グレーウェアは、煩わしいポップアップウィンドウの表示、ユーザのキー入力の記録、エンドポイントの脆弱性を露呈させ攻撃を受けやすくするなど、さまざまな好ましくない脅威につながる動作を実行します。

種類

説明

スパイウェア

アカウントユーザ名やパスワードなどのデータを収集し、第三者に送信します。

アドウェア

広告を表示して、ユーザのWebサーフィンの嗜好などのデータを収集します。このデータは、Webブラウザによるそのユーザへの広告内容の設定に使用されることがあります。

ダイヤラ

エンドポイントのインターネット設定を変更し、あらかじめ設定された電話番号にエンドポイントからモデム経由でダイヤルするよう強制します。この番号は、多くの場合、ペイパーコール (pay-per-call) や国際電話の番号となっており、企業に多大な費用を負わせる可能性があります。

ジョークプログラム

CD-ROMトレイの開閉、多数のメッセージボックスを表示するなどエンドポイントに異常な挙動をさせます。

ハッキングツール

ハッカーがコンピュータに入るのを助けます。

リモートアクセスツール

ハッカーがリモートアクセスしてコンピュータをコントロールするのを助けます。

パスワード解読アプリケーション

ハッカーがアカウントユーザ名やパスワードを解読するのを助けます。

その他

上記のどの種類にも該当しないスパイウェア/グレーウェアです。