Microsoft Exchangeサーバのフォルダとファイルを検索の対象から除外

ウイルスバスター Corp.クライアントとMicrosoft Exchange 2000/2003サーバが同じエンドポイント上に存在する場合、ウイルスバスター Corp.では、手動検索、リアルタイム検索、予約検索、およびScanNowの実行時に、次のMicrosoft Exchangeのフォルダとファイルに対してウイルス/不正プログラムおよびスパイウェア/グレーウェアの検索を行いません。

  • \Exchsrvr\Mailroot\vsi 1にある次のフォルダ: QueuePickUpBadMail

  • .\Exchsrvr\mdbdata、次のファイルを含む: priv1.stmpriv1.edbpub1.stm、およびpub1.edb

  • .\Exchsrvr\Storage Group

Microsoft Exchange 2007以降のフォルダを使用している場合は、検索除外リストに手動でフォルダを追加する必要があります。検索除外リストの詳細については、次のWebサイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb332342.aspx

検索除外リストの設定方法の詳細については、検索除外を参照してください。