エンドポイントに対するELAM機能による保護を有効にする

ウイルスバスター Corp.は、エンドポイントを起動時に保護するためのセキュアブートの一部として、ELAM (Early Launch Anti-Malware) 機能をサポートしています。管理者はこの機能を有効することにより、エンドポイントの起動時に、他のサードパーティ製ソフトウェアドライバよりも先にウイルスバスター Corp.クライアントを起動することができます。この機能によって、ウイルスバスター Corp.クライアントはOSの起動プロセス中に不正プログラムを検出できます。

すべてのサードパーティ製ソフトウェアドライバを検索した後、ウイルスバスター Corp.クライアントは、システムカーネルにドライバの分類情報を報告します。管理者は、Windowsのグループポリシーのドライバ分類に基づいて処理を定義でき、エンドポイントのイベントビューアを使用して処理結果を確認できます。

注:

ELAMは、Windows 8、Windows Server 2012以降のバージョンでのみサポートされています。