サンプル送信

まだ特定されていない未知の脅威を含む可能性があるファイルオブジェクトが検出された場合、詳しい分析のために仮想アナライザに送信するようにウイルスバスター Corp.クライアントを設定できます。オブジェクトが未知の脅威を含むと判定した場合、仮想アナライザはオブジェクトを不審オブジェクトリストに追加し、そのリストをネットワーク上の他のすべてのウイルスバスター Corp.クライアントに配信します。

詳細については、不審オブジェクトリスト設定を参照してください。

サンプル送信を実行するための要件は次のとおりです。

  • ウイルスバスター Corp.サーバをTrend Micro Control Managerサーバ (6.0 SP3 Patch 2以降) に登録する必要があります。

  • Trend Micro Control ManagerサーバをTrend Micro Deep Discovery Analyzerサーバ (5.1以降) に接続する必要があります。

不審ファイルには以下が含まれます。

  • トレンドマイクロで認識していないプログラム (サポート対象のWebブラウザまたはメールからダウンロード)

  • ヒューリスティック検索で検出されたプロセス (サポート対象のWebブラウザまたはメールからダウンロード)

  • リムーバブルストレージ上のあまり普及していない自動実行プログラム

重要:

ウイルスバスター Corp.クライアントから仮想アナライザに分析のために送信できるサンプルファイルの最大サイズは50MBです。