ユーザ指定のアップデートエージェントのアップデート元

アップデートエージェントは、ウイルスバスター Corp.サーバの他に、ユーザ指定のアップデート元からもアップデートできます。ユーザ指定のアップデート元により、クライアントからウイルスバスター Corp.サーバへのアップデートトラフィックを減らすことができます。[ユーザアップデート元リスト] でユーザ指定のアップデート元を指定します。ここでは、1024までのアップデート元を指定できます。リストの設定手順については、ウイルスバスター Corp.クライアントのユーザ指定のアップデート元を参照してください。

注:

アップデートエージェントがユーザ指定のアップデート元に接続されるようにするには、クライアントのアップデート元 画面 ([アップデート] > [クライアント] > [アップデート元]) で、[アップデートエージェントの場合は、ウイルスバスター Corp.サーバからのみアップデートを実行する (コンポーネント、ドメイン設定、クライアントプログラム、およびHotFixのアップデート)] オプションを無効にしてください。

リストを設定し保存したら、次のようにアップデート処理が実行されます。

  1. アップデートエージェントが、リスト上の1番目のエントリからアップデートされます。

  2. 1番目のエントリからアップデートできない場合には、2番目のエントリからアップデートされ、アップデートできない場合には、以下同様の処理が続けられます。

  3. すべてのエントリからアップデートできない場合、クライアントは、[利用できるユーザ指定アップデート元が見つからない場合、ウイルスバスター Corp.サーバから次のデータをアップデートする] で次のオプションを確認します。

    • コンポーネント:有効な場合、クライアントはウイルスバスター Corp.サーバからアップデートされます。

      このオプションが無効な場合、次のいずれかの項目に該当するときには、クライアントはトレンドマイクロのアップデートサーバへの直接接続を試行します。

      注:

      コンポーネントはアップデートサーバからのみアップデートできます。ドメイン設定、プログラム、およびHotFixは、サーバまたはアップデートエージェントからのみダウンロードできます。

      • [クライアント] > [クライアント管理][設定] > [権限とその他の設定] > [その他の設定] > [アップデート設定] で、[ウイルスバスター Corp.クライアントがトレンドマイクロのアップデートサーバからアップデートをダウンロード] オプションが有効になっている。

      • トレンドマイクロのアップデートサーバが [ユーザアップデート元リスト] に含まれていない。

    • ドメイン設定:有効な場合、クライアントはウイルスバスター Corp.サーバからアップデートされます。

    • ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムとHotFix: 有効な場合、クライアントはウイルスバスター Corp.サーバからアップデートされます。

  4. すべての使用可能なアップデート元からアップデートできない場合、アップデートエージェントはアップデート処理を終了します。

[標準アップデート元 (ウイルスバスター Corp.サーバからのアップデート)] オプションが有効で、ウイルスバスター Corp.サーバがアップデートエージェントにコンポーネントをアップデートするように通知する場合には、アップデート処理が異なったものになります。この処理は次のとおりです。

  1. アップデートエージェントが直接ウイルスバスター Corp.サーバからアップデートされ、アップデート元のリストは無視されます。

  2. サーバからアップデートできない場合、次のいずれかの項目に該当するときには、クライアントはトレンドマイクロのアップデートサーバへの直接接続を試行します。

    • [クライアント] > [クライアント管理][設定] > [権限とその他の設定] > [その他の設定] > [アップデート設定] で、[ウイルスバスター Corp.クライアントがトレンドマイクロのアップデートサーバからアップデートをダウンロード] オプションが有効になっている。

    • トレンドマイクロのアップデートサーバが [ユーザアップデート元リスト] の最初のエントリとなっている。

    ヒント:

    ウイルスバスター Corp.サーバからアップデートする際に問題が発生した場合にのみ、トレンドマイクロのアップデートサーバをリストの先頭に指定してください。ウイルスバスター Corp.クライアントがトレンドマイクロのアップデートサーバから直接アップデートすると、ネットワークとインターネット間で大量の帯域幅が消費されます。

  3. すべての使用可能なアップデート元からアップデートできない場合、アップデートエージェントはアップデート処理を終了します。