イベント起動配信

サーバは、最新コンポーネントのダウンロード後に、コンポーネントをアップデートするようにオンラインのクライアントに通知することができます。また、オフラインのクライアントには、再起動してサーバに接続したときに通知することができます。必要に応じて、アップデート後にウイルスバスター Corp.クライアントエンドポイントでScanNow (手動検索) を開始できます。

表 1. イベント起動配信のオプション

オプション

説明

ウイルスバスター Corp.サーバが新しいコンポーネントをダウンロード後、ただちにクライアントのコンポーネントのアップデートを開始する

サーバが、アップデートの完了後、ただちにクライアントにアップデートするように通知します。頻繁にアップデートされているクライアントは、差分パターンファイルをダウンロードするだけですみ、これによりアップデートにかかる時間も短縮されます (差分パターンファイルの詳細は、ウイルスバスター Corp.サーバコンポーネントの複製を参照してください)。ただし、頻繁にアップデートを実行すると、サーバのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。特に多数のクライアントを同時にアップデートする場合には注意が必要です。

スタンドアロンモードのクライアントが存在し、それらのクライアントも同様にアップデートする場合には、[スタンドアロンモードおよびオフラインモードのクライアントを含む] を選択してください。

スタンドアロンモードの詳細については、ウイルスバスター Corp.クライアントのスタンドアロンモード権限を参照してください。

再起動時、またはウイルスバスター Corp.サーバへの接続時にコンポーネントアップデートの開始を許可する (スタンドアロンモードのクライアントを除く)

アップデートを取得していないクライアントは、サーバとの接続を確立したときに、ただちにコンポーネントをダウンロードします。クライアントがオフラインの場合や、クライアントがインストールされたエンドポイントが起動されていない場合に、クライアントがアップデートを取得しないことがあります。

アップデート後、ScanNowを実行する (スタンドアロンモードのクライアントを除く)

サーバは、イベント起動配信後にクライアントに検索を実行するように通知します。特定のアップデートが、ネットワーク内にすでに拡散しているセキュリティリスクに対応するものである場合には、このオプションを有効にすることを検討してください。

注:

ウイルスバスター Corp.サーバは、コンポーネントのダウンロード後にクライアントにアップデート通知を正常に送信できない場合には、15分後に通知を自動的に再送信します。サーバは、クライアントが応答するまで最大5回までアップデート通知を送信し続けます。5回目の試行に失敗した場合、サーバは通知の送信を停止します。クライアントが再起動してサーバに接続したときにコンポーネントをアップデートするオプションを選択した場合には、引き続きコンポーネントのアップデートが実行されます。