ウイルスバスター Corp.クライアントの自動アップデート

自動アップデートを使用すると、すべてのクライアントにアップデートを通知する負荷が軽減され、クライアントコンピュータに最新のコンポーネントがインストールされないというリスクが解消されます。

ウイルスバスター Corp.クライアントは、自動アップデート時にコンポーネントに加えてアップデートされた設定ファイルも受け取ります。クライアントは、新しい設定を適用するために設定ファイルが必要になります。設定ファイルは、Webコンソールでウイルスバスター Corp.設定を変更するたびに変更されます。設定ファイルをクライアントに適用する頻度を指定する方法については、手順3のウイルスバスター Corp.クライアントの自動アップデートの設定を参照してください。

注:

自動アップデートの実行時にプロキシ設定を使用するようにクライアントを設定できます。詳細については、ウイルスバスター Corp.クライアントコンポーネントのアップデートのプロキシを参照してください。

自動アップデートには2種類あります。