ウイルスバスター Corp.クライアントアップデートプロセス

注:

ここでは、ウイルスバスター Corp.クライアントのアップデートプロセスについて説明します。アップデートエージェントのアップデートプロセスについては、ユーザ指定のアップデートエージェントのアップデート元で説明します。

ユーザ指定のアップデート元のリストを設定して保存すると、アップデート処理が次のように実行されます。

  1. ウイルスバスター Corp.クライアントが、リスト上の1番目のアップデート元からアップデートされます。

  2. 1番目のアップデート元からアップデートできない場合には、2番目のアップデート元からアップデートされ、アップデートできない場合には、以下同様の処理が続けられます。

  3. すべてのアップデート元からアップデートできない場合、[アップデート元] 画面の次の設定が確認されます。

    表 1. ユーザ指定アップデート元の追加設定

    設定

    説明

    アップデートエージェントの場合は、ウイルスバスター Corp.サーバからのみアップデートを実行する (コンポーネント、ドメイン設定、クライアントプログラム、およびHotFixのアップデート)

    この設定が有効な場合、アップデートエージェントはウイルスバスター Corp.サーバから直接アップデートし、[ユーザアップデート元リスト] は無視します。

    これが無効な場合、アップデートエージェントは標準クライアント用のユーザ指定アップデート元設定を適用します。

    利用できるユーザ指定アップデート元が見つからない場合、ウイルスバスター Corp.サーバから次のデータをアップデートする:

    コンポーネント

    この設定が有効な場合、クライアントウイルスバスター Corp.サーバからコンポーネントをアップデートします。

    無効な場合、次のいずれかの項目に該当するときには、クライアントはトレンドマイクロのアップデートサーバへの直接接続を試行します。

    • [クライアント] > [クライアント管理][設定] > [権限とその他の設定] > [その他の設定] (タブ) > [アップデート設定] で、[ウイルスバスター Corp.クライアントがトレンドマイクロのアップデートサーバからアップデートをダウンロード] オプションが有効になっている。

    • トレンドマイクロのアップデートサーバが [ユーザアップデート元リスト] に含まれていない。

    注:

    トレンドマイクロのアップデートサーバからアップデートできるのはコンポーネントのみです。ドメイン設定、プログラム、およびHotFixは、ウイルスバスター Corp.サーバまたはアップデートエージェントからのみダウンロードできます。パターンファイルのみをトレンドマイクロのアップデートサーバからダウンロードするようにクライアントを設定すると、アップデートプロセスを高速化できます。詳細については、ウイルスバスター Corp.クライアントのアップデート元としてのアップデートサーバを参照してください。

    ドメイン設定

    この設定が有効な場合、クライアントウイルスバスター Corp.サーバからドメインレベルの設定をアップデートします。

    ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムとHotFix

    この設定が有効な場合、クライアントウイルスバスター Corp.サーバからプログラムとHotFixをアップデートします。

  4. すべての使用可能なアップデート元からアップデートできない場合、クライアントはアップデート処理を終了します。