ウイルスバスター Corp.サーバのアップデート

ウイルスバスター Corp.サーバは、次のコンポーネントをダウンロードして、クライアントに配信します。

表 1. ウイルスバスター Corp.サーバがダウンロード可能なコンポーネント

コンポーネント

配信

従来型スキャンクライアント

スマートスキャンクライアント

ウイルス対策

スマートスキャンエージェントパターンファイル

なし

あり

ウイルスパターンファイル

あり

なし

IntelliTrapパターンファイル

あり

あり

IntelliTrap除外パターンファイル

あり

あり

ウイルス検索エンジン (32/64ビット)

あり

あり

メモリ検査パターンファイル

あり

あり

ELAMパターンファイル (32/64ビット)

あり

あり

CIエンジン (32/64ビット)

あり

あり

CIパターンファイル

あり

あり

CIクエリハンドラ (32/64ビット)

あり

あり

高度な脅威検索エンジン (32/64ビット)

あり

あり

高度な脅威相関パターンファイル

あり

あり

スパイウェア対策

スパイウェア/グレーウェアパターンファイル

あり

あり

スパイウェア監視パターンファイル

あり

なし

スパイウェア検索エンジン (32/64ビット)

あり

あり

ダメージクリーンナップサービス

ダメージクリーンナップテンプレート

あり

あり

ダメージクリーンナップエンジン (32ビット/64ビット)

あり

あり

起動時クリーンナップドライバ (32/64ビット)

あり

あり

ファイアウォール

ファイアウォールパターンファイル

あり

あり

挙動監視コンポーネント

挙動監視検出パターンファイル (32ビット/64ビット)

あり

あり

挙動監視コアドライバ (32ビット/64ビット)

あり

あり

挙動監視コアサービス (32ビット/64ビット)

あり

あり

挙動監視設定パターンファイル

あり

あり

ポリシー施行パターンファイル

あり

あり

デジタル署名パターンファイル

あり

あり

メモリ検索実行パターンファイル (32ビット/64ビット)

あり

あり

プログラム検査監視パターンファイル

あり

あり

ダメージリカバリパターンファイル

あり

あり

不審接続監視

グローバルC&C IPリスト

あり

あり

適合度ルールパターンファイル

あり

あり

ブラウザ脆弱性対策

ブラウザ脆弱性対策パターンファイル

あり

あり

スクリプトアナライザ共通パターンファイル

あり

あり

アップデートに関する注意事項とヒント:

  • アップデートされたコンポーネントをサーバからクライアントに配信できるようにするには、クライアントの自動アップデートを有効にします。詳細については、ウイルスバスター Corp.クライアントの自動アップデートを参照してください。クライアントの自動アップデートが無効な場合でも、サーバはアップデートをダウンロードしますが、クライアントに配信することはありません。

  • IPv6シングルスタックのウイルスバスター Corp.サーバからIPv4シングルスタッククライアントには、アップデートを直接配信することができません。同様に、IPv4シングルスタックのウイルスバスター Corp.サーバからIPv6シングルスタッククライアントにも、アップデートを直接配信することができません。このような場合に、ウイルスバスター Corp.サーバからクライアントにアップデートを配信するには、IPアドレス変換が可能なDeleGateなどのデュアルスタックプロキシサーバが必要です。

  • トレンドマイクロでは、定期的にパターンファイルをリリースして、クライアントの保護を最新状態に維持しています。パターンファイルのアップデートは定期的に入手可能になるので、ウイルスバスター Corp.では"コンポーネントの複製"というメカニズムを使用して、パターンファイルの高速なダウンロードを実現しています。詳細については、ウイルスバスター Corp.サーバコンポーネントの複製を参照してください。

  • プロキシサーバを使用してインターネットに接続している場合、アップデートを正常にダウンロードするように正しいプロキシ設定を使用してください。

  • Webコンソールのダッシュボードで、クライアントのアップデート状況ウィジェットを追加し、コンポーネントの現在のバージョンを表示し、コンポーネントがアップデートされているクライアントの数と、古いままのクライアントの数を確認します。