HotFixとPatchの履歴

ウイルスバスター Corp.サーバがHotFixやPatchファイルをウイルスバスター Corp.クライアントに配信すると、ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムでは、レジストリエディタにHotFixとPatchに関する情報が記録されます。Microsoft SMS、LANDesk、BigFixなどのロジスティクスソフトウェアを使用して、複数のクライアントに対してこの情報を照会できます。

注:

この機能では、サーバにのみ配信されたHotFixやPatchは記録されません。

この機能は、ウイルスバスター Corp. 8.0 Service Pack 1 Patch 3.1以降で使用可能です。

  • 8.0 Service Pack 1 Patch 3.1以降のバージョンからバージョンアップされたクライアントでは、バージョン8.0以降のインストール済みのHotFixとPatchが記録されます。

  • 8.0 Service Pack 1 Patch 3.1より古いバージョンからバージョンアップされたクライアントでは、バージョン10.0以降のインストール済みのHotFixとPatchが記録されます。

情報は、次のキーに格納されます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\PC-cillinNTCorp\ CurrentVersion\HotfixHistory\<製品バージョン>

  • x64タイプのプラットフォームを実行するコンピュータの場合:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\TrendMicro\ PC-cillinNTCorp\CurrentVersion\HotfixHistory\<製品バージョン>

次のキーを確認してください。

  • キー:HotFix_installed

    種類:REG_SZ

    :<HotFixまたはPatch名>

  • キー:HotfixInstalledNum

    種類:DWORD

    : <HotFixまたはPatch番号>