ServerProtect一般サーバからの移行

ServerProtect一般サーバ移行ツールを使用すると、ServerProtect一般サーバが動作しているコンピュータをウイルスバスター Corp.クライアントに移行できます。

ServerProtect一般サーバ移行ツールは、ウイルスバスター Corp.サーバと同じハードウェアとソフトウェアの仕様を共有します。Windows Server 2003またはWindows Server 2008が動作しているコンピュータでツールを実行します。

ServerProtect一般サーバのアンインストールが成功すると、ツールはウイルスバスター Corp.クライアントをインストールします。また、すべての検索タイプの検索除外リストの設定を、ウイルスバスター Corp.クライアントに移行します。

ウイルスバスター Corp.クライアントをインストール中に、移行ツールクライアントインストーラがタイムアウトになり、インストールが成功しなかったことが通知されることがありますが、ウイルスバスター Corp.クライアントは正常にインストールされている場合があります。この場合、Webコンソールから、クライアントエンドポイントのインストールを確認してください。

次の状況では、移行は失敗します。

  • リモートクライアントにIPv6アドレスのみが割り当てられている。移行ツールではIPv6アドレス指定がサポートされていません。

  • リモートクライアントがNetBIOSプロトコルを使用できない。

  • ポート455、337、および339がブロックされている。

  • リモートクライアントがRPCプロトコルを使用できない。

  • リモートレジストリサービスが停止している。

注:

ServerProtect一般サーバ移行ツールでは、ServerProtect用のControl Manager™エージェントはアンインストールされません。クライアントをアンインストールする方法については、ServerProtectまたはControl Managerのマニュアルを参照してください。