インストール方法

IPv6シングルスタッククライアントまたはデュアルスタッククライアントにウイルスバスター Corp.クライアントをインストールする際には、すべてのウイルスバスター Corp.クライアントインストール方法を使用できます。一部のインストール方法には、ウイルスバスター Corp.クライアントを正常にインストールするための特別な要件があります。

ServerProtect一般サーバ移行ツールではIPv6アドレス指定がサポートされていないため、このツールを使用してServerProtectをウイルスバスター Corp.クライアントに移行することはできません。

表 1. インストール方法とIPv6のサポート

インストール方法

要件/注意事項

Webインストールページおよびブラウザベースのインストール

インストールページのURLには、ウイルスバスター Corp.サーバのホスト名またはIPアドレスが含まれます。



IPv6シングルスタッククライアントにインストールする場合、サーバはデュアルスタックまたはIPv6シングルスタックでなければならず、そのホスト名またはIPv6アドレスがURLに含まれている必要があります。

デュアルスタッククライアントの場合、インストールステータス画面に表示されるIPv6アドレスは、[クライアント] > [グローバルクライアント設定][ネットワーク] タブの [優先IPアドレス] セクションで選択したオプションによって異なります。

クライアントパッケージャ

クライアントパッケージャツールを実行する場合は、アップデートエージェントの権限をクライアントに割り当てるかどうかを選択する必要があります。IPv6シングルスタックのアップデートエージェントがアップデートを配信できるのは、IPv6シングルスタッククライアントまたはデュアルスタッククライアントのみです。

セキュリティコンプライアンス、脆弱性検索ツール、リモートインストール

IPv6シングルスタックサーバは、IPv4シングルスタックエンドポイントにウイルスバスター Corp.クライアントをインストールできません。同様に、IPv4シングルスタックサーバは、IPv6シングルスタックエンドポイントにウイルスバスター Corp.クライアントをインストールできません。