ウイルスバスター Corp.サーバの設定

ウイルスバスター Corp.サーバの設定は、次の場合に使用されます。

  • 脆弱性検索ツールが、保護されていない対象コンピュータにウイルスバスター Corp.クライアントをインストールするとき。脆弱性検索ツールでは、サーバの設定を使用して、ウイルスバスター Corp.クライアントの親サーバ、および対象コンピュータへのログオン時に使用する管理アカウント情報を特定できます。

    注:

    条件によっては、対象のホストコンピュータにウイルスバスター Corp.クライアントがインストールされない場合があります。

    詳細については、脆弱性検索ツールを使用してウイルスバスター Corp.クライアントをインストールする際のガイドラインを参照してください。

  • 脆弱性検索ツールがクライアントインストールログをウイルスバスター Corp.サーバに送信するとき。