手動脆弱性検索の実行

  1. ウイルスバスター Corp.サーバコンピュータで脆弱性検索を実行するには、<サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility\TMVSに移動し、TMVS.exeをダブルクリックします。トレンドマイクロ脆弱性検索ツールのコンソールが表示されます。Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2012、またはWindows Server 2016を実行している別のエンドポイントで脆弱性検索を実行するには、次の手順を実行します。
    1. ウイルスバスター Corp.サーバコンピュータで、<サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utilityに移動します。
    2. TMVSフォルダを別のエンドポイントにコピーします。
    3. 別のエンドポイントで、TMVSフォルダを開いて、TMVS.exeをダブルクリックします。

      トレンドマイクロ脆弱性検索ツールのコンソールが表示されます。

    注:

    Terminal Serverから脆弱性検索ツールを起動することはできません。

  2. [手動検索] セクションに移動します。
  3. チェックするエンドポイントのIPアドレス範囲を入力します。
    1. IPv4アドレス範囲を入力します。
      注:

      IPv4シングルスタックホストコンピュータまたはデュアルスタックホストコンピュータで脆弱性検索ツールを実行する場合、IPv4アドレス範囲のみをクエリできます。脆弱性検索ツールでは、クラスBのIPアドレス範囲 (例: 168.212.1.1168.212.254.254) のみがサポートされます。

    2. IPv6アドレス範囲については、IPv6のプレフィックスおよび長さを入力します。
      注:

      IPv6シングルスタックホストコンピュータまたはデュアルスタックホストコンピュータで脆弱性検索ツールを実行する場合、IPv6アドレス範囲のみをクエリできます。

  4. [設定] をクリックします。

    [設定] 画面が表示されます。

  5. 次の設定を行います。
    オプション 説明

    ping設定

    脆弱性検索では、前の手順で指定したIPアドレスに対して「ping」を実施し、それらが現在使用中であるかどうかをチェックできます。対象のホストコンピュータでIPアドレスが使用されている場合、脆弱性検索ツールはホストコンピュータのOSを特定することができます。

    詳細については、Ping設定を参照してください。

    コンピュータの説明を取得する方法

    「ping」コマンドに応答するホストコンピュータの場合、脆弱性検索ツールではホストコンピュータに関する追加情報を取得できます。

    詳細については、エンドポイントの説明を取得する方法を参照してください。

    製品名クエリ

    脆弱性検索ツールでは、対象のホストコンピュータにセキュリティソフトウェアがインストールされているかどうかをチェックできます。

    詳細については、製品クエリを参照してください。

    ウイルスバスター Corp.サーバ設定

    脆弱性検索ツールによって、保護されていないホストコンピュータにウイルスバスター Corp.クライアントが自動的にインストールされるようにするには、これらの設定を指定します。これらの設定は、ウイルスバスター Corp.クライアントがホストコンピュータへのログオンに使用する管理アカウント情報を特定します。

    詳細については、ウイルスバスター Corp.サーバの設定を参照してください。

    注:

    条件によっては、対象のホストコンピュータにウイルスバスター Corp.クライアントがインストールされない場合があります。

    詳細については、脆弱性検索ツールを使用してウイルスバスター Corp.クライアントをインストールする際のガイドラインを参照してください。

    通知

    脆弱性検索ツールでは、脆弱性検索結果をウイルスバスター Corp.管理者に送信できます。保護されていないホストコンピュータに通知を表示することもできます。

    詳細については、通知を参照してください。

    結果の保存

    脆弱性検索では、脆弱性検索結果を管理者に送信するほか、結果を.csvファイルに保存することもできます。

    詳細については、脆弱性検索結果を参照してください。

  6. [OK] をクリックします。
  7. [開始] をクリックします。

    脆弱性検索結果が、[手動検索] タブの [結果] 表に表示されます。

    注:

    エンドポイントでWindows Server 2008またはWindows Server 2012が実行されている場合、MACアドレス情報は [結果] 表に表示されません。

  8. 検索結果をカンマ区切り形式 (.csv) のファイルに保存するには、[エクスポート] をクリックして、ファイルを保存するフォルダの場所を指定し、ファイル名を入力して [保存] をクリックします。