Windows Serverスクリプト

既存のログオンスクリプトがすでにある場合は、ログオンスクリプトウィザードによってAutoPcc.exeを実行するコマンドが末尾に追加されます。ない場合は、AutoPcc.exeを実行するコマンドが含まれたofcscan.batという名前のバッチファイルがウイルスバスター Corp.によって作成されます。

ログオンスクリプトウィザードによって、スクリプトの末尾に次のコマンドが追加されます。

\\<サーバ名>\ofcscan\autopcc

説明:

  • <サーバ名>は、ウイルスバスター Corp.サーバコンピュータのエンドポイント名またはIPアドレスです。

  • ofcscan」は、サーバ上のウイルスバスター Corp.共有フォルダ名です。

  • autopcc」は、ウイルスバスター Corp.クライアントをインストールするautopcc実行可能ファイルへのリンクです。

ログオンスクリプトの場所 (ネットログオン共有ディレクトリ経由):

  • Windows Server 2003:\\Windows 2003 server\system drive\windir\sysvol\domain\scripts\ofcscan.bat

  • Windows Server 2008:\\Windows 2008 server\system drive\windir\sysvol\domain\scripts\ofcscan.bat

  • Windows Server 2012:\\Windows 2012 server\system drive\windir\sysvol\domain\scripts\ofcscan.bat

  • Windows Server 2016:\\Windows 2016 server\system drive\windir\sysvol\domain\scripts\ofcscan.bat