Active Directoryを使用したMSIパッケージの配信

Active Directoryの機能を利用すれば、複数のクライアントエンドポイントにMSIパッケージを同時に配信することができます。

MSIファイルの作成手順については、クライアントパッケージャを使用したインストールを参照してください。

  1. 次の手順を実行します。
    • Windows Server 2003以前のバージョンの場合:

      1. Active Directoryコンソールを開きます。

      2. MSIパッケージを配信する組織単位 (OU) を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

      3. [グループ ポリシー] タブで [新規] をクリックします。

    • Windows Server 2008およびWindows Server 2008 R2の場合:

      1. グループポリシー管理コンソールを開きます。[スタート] > [コントロール パネル] > [管理ツール] > [グループ ポリシーの管理] の順にクリックします。

      2. コンソールツリーで、編集するGPOが含まれているフォレストおよびドメイン内の [グループ ポリシー オブジェクト] を展開します。

      3. 編集するGPOを右クリックして、[編集] をクリックします。これにより、グループポリシーオブジェクトエディタが開きます。

    • Windows Server 2012およびWindows Server 2016の場合:

      1. グループポリシー管理コンソールを開きます。[サーバ管理] > [ツール] > [グループ ポリシーの管理] の順にクリックします。

      2. コンソールツリーで、編集するGPOが含まれているフォレストおよびドメイン内の [グループ ポリシー オブジェクト] を展開します。

      3. 編集するGPOを右クリックして、[編集] をクリックします。これにより、グループポリシーオブジェクトエディタが開きます。

  2. [コンピュータの構成] または [ユーザの構成] のいずれかを選択して、その下にある [ソフトウェアの設定] を開きます。
    ヒント:

    エンドポイントにログオンするユーザの種類に関係なくMSIパッケージをインストールするために、[ユーザの構成] ではなく [コンピュータの構成] を使用することをお勧めします。

  3. [ソフトウェアの設定] で、[ソフトウェア インストール] を右クリックして、[新規作成] および [パッケージ] を選択します。
  4. MSIパッケージを探して選択します。
  5. 配信方法を選択して、[OK] をクリックします。
    • 割り当て: MSIパッケージは、ユーザが次回エンドポイントにログオンするとき ([ユーザの構成] を選択した場合)、またはエンドポイントが再起動するとき ([コンピュータの構成] を選択した場合) に、自動的に配信されます。この方法では、ユーザの操作は必要ありません。

    • 公開: MSIパッケージを実行するには、[コントロール パネル] に進み、[プログラムの追加と削除] 画面を開き、ネットワーク上のプログラムを追加/インストールするオプションを選択するようにユーザに通知します。ウイルスバスター Corp.クライアントのMSIパッケージが表示されたら、ユーザはウイルスバスター Corp.クライアントのインストールを続行できます。