クライアントパッケージャを使用したインストールパッケージの作成

  1. ウイルスバスター Corp.サーバコンピュータで、<サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility\ClientPackagerに移動します。
  2. ClnPack.exeをダブルクリックして、ツールを実行します。

    クライアントパッケージャコンソールが開きます。

  3. 作成するパッケージの種類を選択します。
    表 1. クライアントパッケージの種類

    パッケージの種類

    説明

    セットアップ

    パッケージを実行可能ファイルとして作成する場合に選択します。このパッケージは、現在サーバで使用可能なコンポーネントを含むウイルスバスター Corp.クライアントプログラムをインストールします。対象エンドポイントに前のバージョンのクライアントがインストールされている場合、この実行可能ファイルを実行するとクライアントがバージョンアップされます。

    アップデート

    現在サーバで使用可能なコンポーネントを含むパッケージを作成する場合に選択します。パッケージは実行可能ファイルとして作成されます。クライアントエンドポイントでコンポーネントをアップデートする際に問題が発生する場合には、このパッケージを使用します。

    MSI

    Microsoft Installer Package形式に準拠するパッケージを作成する場合に選択します。このパッケージも、現在サーバで使用可能なコンポーネントを含むウイルスバスター Corp.クライアントプログラムをインストールします。対象エンドポイントに前のバージョンのクライアントがインストールされている場合、このMSIファイルを実行するとクライアントがバージョンアップされます。

  4. パッケージを作成する対象となるOSを選択します。作成したパッケージは、ここで選択したOSを実行するエンドポイントにのみ配信してください。別の種類のOSを対象に配信するには、別のパッケージを作成します。
  5. クライアントパッケージで配信する検索方法を選択します。

    検索方法を選択する際のガイドラインは、クライアントパッケージの検索方法に関するガイドラインを参照してください。

  6. [ドメイン] で、次のいずれかを選択します。
    • クライアントによるドメインの自動報告を許可する: ウイルスバスター Corp.クライアントのインストール後、クライアントウイルスバスター Corp.サーバデータベースにクエリを送信し、そのドメイン設定をサーバに報告します。

    • リスト内の任意のドメイン: クライアントパッケージャがウイルスバスター Corp.サーバと同期し、クライアントツリーで現在使用されているドメインを表示します。

  7. [オプション] で、次の項目から選択します。
    オプション 説明

    サイレントモード

    このオプションを選択すると、クライアントエンドポイントにバックグラウンドでインストールするパッケージが作成されます。クライアントにインストールが通知されることはなく、インストールステータスウィンドウも表示されません。パッケージをリモートで対象エンドポイントに配布する場合は、このオプションを有効にします。

    最新バージョンで上書きする

    このオプションを選択すると、クライアントのコンポーネントバージョンが、現在サーバで使用可能なバージョンで上書きされます。このオプションを有効にすると、サーバとクライアントのコンポーネントが同期されます。

    事前検索を無効にする (新規インストールのみ)

    対象エンドポイントウイルスバスター Corp.クライアントがインストールされていない場合、ウイルスバスター Corp.クライアントのインストールを実行する前にエンドポイントのセキュリティリスクが検索されます。対象エンドポイントがセキュリティリスクに感染していないことが明らかな場合は、事前検索を無効にします。

    事前検索を有効にすると、次に示すエンドポイント上の最も攻撃を受けやすい領域でウイルス/不正プログラムが検索されます。

    • システム領域とシステムディレクトリ (システム領域感染型ウイルスが対象)

    • Windowsフォルダ

    • Program Filesフォルダ

  8. [アップデートエージェントの機能] で、アップデートエージェントが配信できる機能を選択します。
  9. [コンポーネント] で、パッケージに含めるコンポーネントおよび機能を選択します。
  10. [入力ファイル] で、ofcscan.iniファイルの場所が正しいことを確認します。パスを変更するには、をクリックしてofcscan.iniファイルを参照します。

    初期設定では、このファイルはウイルスバスター Corp.サーバの<サーバインストールフォルダ>\PCCSRVフォルダにあります。

  11. [出力ファイル] で () をクリックして、ウイルスバスター Corp.クライアントパッケージを作成する場所を指定し、パッケージファイル名 (例: AgentSetup.exe) を入力します。
  12. [作成] をクリックします。

    パッケージが作成されると、「パッケージが作成されました。」というメッセージが表示されます。前の手順で指定したディレクトリでパッケージを探します。

  13. パッケージを配信します。