Trend Microパフォーマンス調整ツールの使用

  1. 次の場所からTrend Microパフォーマンス調整ツールをダウンロードします。

    http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-jp/1310435.aspx

  2. TMPerfTool.zip」を解凍して「TMPerfTool.exe」を抽出します。
  3. TMPerfTool.exe」は、<クライアントインストールフォルダ>か、または「TMBMCLI.dll」と同じフォルダに配置します。
  4. TMPerfTool.exe」を右クリックして [管理者として実行] を選択します。
  5. 英語版の使用許諾契約書が表示されますが、適用されるのはウイルスバスター Corp.本体の使用許諾契約書です。これに同意できる場合は、[OK] をクリックします。
  6. [Analyze] をクリックします。

    ツールによって、CPU使用率の監視とイベントの読み込みが開始されます。システム負荷の高いプロセスは赤で強調表示されます。

  7. システム負荷の高いプロセスを選択して、除外リストへの追加 (許可) ボタン () をクリックします。
  8. システムまたはアプリケーションのパフォーマンスが改善するかどうか確認します。
  9. パフォーマンスが改善した場合は、そのプロセスを再び選択して、除外リストからの削除 ボタン () をクリックします。
  10. パフォーマンスが再び低下した場合は、次の手順を実行します。
    1. アプリケーション名を書き留めます。
    2. [Stop] をクリックします。
    3. レポートの生成ボタン () をクリックして、.xmlファイルを保存します。
    4. 競合が検出されたアプリケーションを確認して、挙動監視除外リストに追加します。

      詳細については、挙動監視除外リストを参照してください。