ウイルスバスター Corp.クライアントサービス

ウイルスバスター Corp.クライアントは、次の表に示すサービスを実行します。Microsoft管理コンソールから、これらのサービスの状態を確認できます。

サービス

管理対象の機能

Trend Micro Unauthorized Change Prevention Service (TMBMSRV.exe)

  • 挙動監視

  • デバイスコントロール

  • ソフトウェア安全性評価サービス

OfficeScan NT Firewall (TmPfw.exe)

ウイルスバスター Corp.ファイアウォール

OfficeScan Data Protection Service (dsagent.exe)

  • 情報漏えい対策

  • デバイスコントロール

OfficeScan NT Listener (tmlisten.exe)

ウイルスバスター Corp.クライアントウイルスバスター Corp.サーバ間の通信

OfficeScan NT Proxy Service (TmProxy.exe)

  • Webレピュテーション

  • POP3メール検索

OfficeScan NT RealTime Scan (ntrtscan.exe)

  • リアルタイム検索

  • 予約検索

  • 手動検索/ScanNow

OfficeScan Common Client Solution Framework (TmCCSF.exe)

高度な保護サービス

  • ブラウザ脆弱性対策

  • メモリ検索

次の各サービスは強力な保護機能を提供しますが、これらのサービスの監視メカニズムがシステムリソースの負荷となる場合があります。特に、システム負荷の高いアプリケーションを実行するサーバでは、システムリソースに重い負荷がかかることがあります。

  • Trend Micro Unauthorized Change Prevention Service (TMBMSRV.exe)

  • OfficeScan NT Firewall (TmPfw.exe)

  • OfficeScan Data Protection Service (dsagent.exe)

そのためこれらのサービスは、初期設定では、サーバプラットフォーム (Windows Server 2003、Windows Server 2008、およびWindows Server 2012) で無効に設定されます。これらのサービスを有効にする場合は、次の点を考慮してください。

  • システムのパフォーマンスを継続的に監視し、パフォーマンスの低下を認識した時点で必要な措置を取るようにします。

  • TMBMSRV.exe」については、システム負荷の高いアプリケーションを挙動監視ポリシーから除外した上でこのサービスを有効にしてください。システム負荷の高いアプリケーションは、パフォーマンス調整ツールを使って特定できます。

    詳細については、Trend Microパフォーマンス調整ツールの使用を参照してください。

デスクトッププラットフォームに対しては、パフォーマンスの大幅な低下が見られた場合にのみ、このサービスを無効にします。