ウイルスバスター Corp.クライアントのスタンドアロンモード権限

クライアント/サーバイベントによってユーザのタスクが妨害される場合は、そのユーザにウイルスバスター Corp.クライアントのスタンドアロンモード権限を付与します。たとえば、頻繁にプレゼンテーションを行うユーザの場合、プレゼンテーションの開始前にスタンドアロンモードを有効にすることによって、ウイルスバスター Corp.サーバからウイルスバスター Corp.クライアント設定が配信されウイルスバスター Corp.クライアントで検索が開始されるのを阻止できます。

スタンドアロンモード時のウイルスバスター Corp.クライアントの動作:

  • サーバとクライアント間の接続が機能していても、ウイルスバスター Corp.クライアントウイルスバスター Corp.サーバにログを送信しません。

  • サーバとクライアント間の接続が機能していても、ウイルスバスター Corp.サーバは、タスクの開始も、クライアントへのウイルスバスター Corp.クライアント設定の配信も行いません。

  • ウイルスバスター Corp.クライアントは、いずれかのアップデート元への接続が可能なら、コンポーネントをアップデートします。アップデート元には、ウイルスバスター Corp.サーバ、アップデートエージェント、ユーザ指定のアップデート元などがあります。

    次のイベントによって、スタンドアロンクライアントでアップデートが開始されます。