ウイルスバスター Corp.クライアントプロセスを保護する

ウイルスバスター Corp.クライアントでは、次の表のプロセスを停止しようとする操作をすべてブロックします。

プロセス

説明

TmListen.exe

ウイルスバスター Corp.サーバからコマンドと通知を受信して、ウイルスバスター Corp.クライアントからサーバへの通信を制御します。

NTRtScan.exe

ウイルスバスター Corp.クライアントでリアルタイム検索、予約検索、および手動検索を実行します。

TmProxy.exe

対象アプリケーションに移転する前にネットワークトラフィックを検索します。

TmPfw.exe

パケットレベルファイアウォール、ネットワークウイルス検索および侵入検知機能を提供します。

TMBMSRV.exe

外部ストレージデバイスへのアクセスを規制し、レジストリキーおよびプロセスへの不正な変更を回避します。

DSAgent.exe

機密データの転送を監視し、デバイスへのアクセスを管理します。

PccNTMon.exe

ウイルスバスター Corp.クライアントコンソールを起動します。

TmCCSF.exe

ブラウザ脆弱性対策およびメモリ検索を実行します。

さらに、ウイルスバスター Corp.クライアントではMicrosoftのソフトウェア制限ポリシー (SRP) へのプロセスの追加も防止することができます。ソフトウェア制限ポリシーに指定されたアプリケーションは、エンドポイントで実行できません。ソフトウェア制限ポリシーにウイルスバスター Corp.クライアントプロセスが追加されないようにするには、次の手順を実行します。

  1. [ウイルスバスター Corp.クライアントプロセスを保護する] を有効にします。

  2. [不正変更防止サービス] を有効にします。

    詳細については、Webコンソールからのクライアントサービスの有効化または無効化を参照してください。