サービス

セキュリティコンプライアンスによって、次のウイルスバスター Corp.クライアントサービスが機能しているかどうかが確認できます。

  • ウイルス対策

  • スパイウェア対策

  • ファイアウォール

  • Webレピュテーション

  • 挙動監視/デバイスコントロール (別名: Trend Micro Unauthorized Change Prevention Service)

  • 情報漏えい対策オプション

  • 不審接続監視

コンプライアンス違反のクライアントはコンプライアンスレポートで少なくとも2回カウントされます。

  • [非準拠サービスが存在するエンドポイント] でカウントされます。

  • さらに、そのウイルスバスター Corp.クライアントのコンプライアンス違反が検出されたカテゴリでカウントされます。たとえば、ウイルスバスター Corp.クライアントでウイルス対策サービスが機能していない場合、そのクライアント[ウイルス対策] カテゴリでカウントされます。機能していないサービスが複数検出された場合、そのクライアントは非準拠のカテゴリごとにそれぞれカウントされます。

Webコンソールまたはウイルスバスター Corp.クライアントから、機能していないサービスを再起動します。再起動後にサービスが機能している場合、次の診断では、そのクライアントは非準拠として表示されません。