コンポーネント

セキュリティコンプライアンスによって、ウイルスバスター Corp.サーバとウイルスバスター Corp.クライアントとの間で一致しないコンポーネントが特定されます。この不一致は通常、クライアントが、コンポーネントをアップデートするためにサーバに接続できない場合に発生します。このとき、クライアントが別のアップデート元 (トレンドマイクロのアップデートサーバなど) からアップデートを取得する場合、クライアントのコンポーネントのバージョンがサーバ上のバージョンよりも新しくなることがあります。

セキュリティコンプライアンスによってチェックされるコンポーネントは次のとおりです。

  • スマートスキャンエージェントパターンファイル

  • ウイルスパターンファイル

  • IntelliTrapパターンファイル

  • IntelliTrap除外パターンファイル

  • ウイルス検索エンジン (32/64ビット)

  • スパイウェア/グレーウェアパターンファイル

  • スパイウェア監視パターンファイル

  • スパイウェア検索エンジン (32/64ビット)

  • ダメージクリーンナップテンプレート

  • ダメージクリーンナップエンジン (32ビット/64ビット)

  • ファイアウォールパターンファイル

  • ファイアウォールドライバ (32/64ビット)

  • 挙動監視コアドライバ (32ビット/64ビット)

  • 挙動監視コアサービス (32ビット/64ビット)

  • 挙動監視設定パターンファイル

  • デジタル署名パターンファイル

  • ポリシー施行パターンファイル

  • 挙動監視検出パターンファイル (32ビット/64ビット)

  • グローバルC&C IPリスト

  • 適合度ルールパターンファイル

  • 起動時クリーンナップドライバ (32/64ビット)

  • メモリ検索実行パターンファイル (32ビット/64ビット)

  • メモリ検査パターンファイル

  • ブラウザ脆弱性対策パターンファイル

  • スクリプトアナライザ共通パターンファイル

  • プログラム検査監視パターンファイル

  • ダメージリカバリパターンファイル

  • ELAMパターンファイル (32/64ビット)

  • CIエンジン (32/64ビット)

  • CIパターンファイル

  • CIクエリハンドラ (32/64ビット)

  • 高度な脅威検索エンジン (32/64ビット)

  • 高度な脅威相関パターンファイル

  • プログラムバージョン

コンプライアンス違反のクライアントはコンプライアンスレポートで少なくとも2回カウントされます。

  • [コンポーネントのバージョンが一致しないエンドポイント] カテゴリでカウントされます。

  • さらに、そのクライアントのコンプライアンス違反が検出されたカテゴリでカウントされます。たとえば、クライアントのスマートスキャンエージェントパターンファイルのバージョンがサーバ上のバージョンと一致しない場合、そのクライアントは [スマートスキャンエージェントパターンファイル] カテゴリでカウントされます。コンポーネントバージョンの不一致が複数検出された場合、そのクライアントはコンプライアンス違反のカテゴリごとにカウントされます。

コンポーネントバージョンの不一致を解決するには、クライアントまたはサーバ上の古いコンポーネントをアップデートします。