セキュリティコンプライアンス

セキュリティコンプライアンスを使用して、脆弱箇所の特定、ソリューションの配信、セキュリティ基盤の維持を行うことができます。この機能は、ネットワーク環境のセキュリティの維持に要する時間を削減し、組織におけるセキュリティと機能の要求のバランスを保つのに役立ちます。

次の2種類のエンドポイントに対してセキュリティコンプライアンスを適用します。

  • 管理対象:ウイルスバスター Corp.サーバによって管理されるウイルスバスター Corp.クライアントがインストールされたエンドポイント。詳細については、管理対象クライアントのセキュリティコンプライアンスを参照してください。

  • 管理対象外:次のものが含まれます。

    • ウイルスバスター Corp.サーバによって管理されていないウイルスバスター Corp.クライアント

    • ウイルスバスター Corp.クライアントがインストールされていないエンドポイント

    • ウイルスバスター Corp.サーバからアクセスできないエンドポイント

    • セキュリティステータスを確認できないエンドポイント

      詳細については、管理対象外のエンドポイントに関するセキュリティコンプライアンスを参照してください。