ゲートウェイ設定インポートツールの使用

  1. ゲートウェイ設定のリストが格納されたテキストファイル (.txt) を用意します。各行にはIPv4またはIPv6アドレスを入力し、必要に応じてMACアドレスを入力します。

    IPアドレスとMACアドレスは、カンマで区切ります。エントリの最大数は4096です。

    次に例を示します。

    10.1.111.222,00:17:31:06:e6:e7

    2001:0db7:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334

    10.1.111.224,00:17:31:06:e6:e7

  2. サーバコンピュータで、<サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility\GatewaySettingsImporterに移動します。
  3. GSImporter.exeを右クリックして、[管理者として実行] を選択します。
    注:

    ターミナルサービスからゲートウェイ設定インポートツールを実行することはできません。

  4. [ゲートウェイ設定インポートツール] 画面で、手順1で作成したファイルを指定して [インポート] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。

    エンドポイントの位置 画面にゲートウェイの設定が表示され、ウイルスバスター Corp.サーバはウイルスバスター Corp.クライアントに設定を配信します。

  6. すべてのエントリを削除するには、[すべてクリア] をクリックします。

    特定のエントリのみを削除する必要がある場合、エンドポイントの位置 の画面からそのエントリを削除します。

  7. 設定をファイルにエクスポートするには、[すべてエクスポート] をクリックし、ファイルの名前と種類を指定します。