エンドポイント (コンピュータ)の位置

ウイルスバスター Corp.は、ウイルスバスター Corp.クライアントが内部ネットワークと外部ネットワークのどちらにあるかを判定する位置認識機能を備えています。位置認識機能は、次のウイルスバスター Corp.の機能やサービスで利用されています。

表 1. 位置認識機能を利用する機能とサービス

機能/サービス

説明

ファイルレピュテーションサービス

スマートスキャンクライアントでは、ウイルスバスター Corp.クライアントが検索クエリを送信するSmart Protectionソースがウイルスバスター Corp.クライアントの位置によって判定されます。

検索クエリの送信先は、外部ウイルスバスター Corp.クライアントの場合はTrend Micro Smart Protection Networkとなり、内部ウイルスバスター Corp.クライアントの場合はTrend Micro Smart Protectionソースリストに定義されているソースになります。

詳細については、Trend Micro Smart Protectionソースを参照してください。

Webレピュテーション

ウイルスバスター Corp.クライアントが内部と外部のどちらのポリシー設定を適用するかがウイルスバスター Corp.クライアントの位置によって判定されます。通常、管理者は、外部ウイルスバスター Corp.クライアントに対してより厳格なポリシーを設定します。

詳細については、次のページを参照してください。

情報漏えい対策

デバイスコントロール