VDI検索能力の変更

管理者は、vdi.iniファイルを変更することにより、同時に検索を実行するVDIエンドポイントの数を増やすことができます。システムリソースが増加した検索を確実に処理できるように、VDIの能力変更による影響を厳しく監視することをお勧めします。

  1. ウイルスバスター Corp.サーバコンピュータで、<サーバインストールフォルダ>PCCSRV\Private\vdi.iniに移動します。
  2. [TaskController] 設定を探します。

    TaskControllerの初期設定は次のとおりです。

    • ウイルスバスター Corp. 10.5クライアントの場合:

      [TaskController]

      Controller_00_MaxConcurrentGuests=1

      Controller_01_MaxConcurrentGuests=3

      説明:

      • Controller_00_MaxConcurrentGuests=1は、検索を同時に実行できるクライアントの最大数を示します。

      • Controller_01_MaxConcurrentGuests=3は、アップデートを同時に実行できるクライアントの最大数を示します。

    • ウイルスバスター Corp. 10.6クライアントおよびウイルスバスター Corp. 11.0 (以降) クライアントの場合:

      [TaskController]

      Controller_02_MaxConcurrentGuests=1

      Controller_03_MaxConcurrentGuests=3

      説明:

      • Controller_02_MaxConcurrentGuests=1は、検索を同時に実行できるクライアントの最大数を示します。

      • Controller_03_MaxConcurrentGuests=3は、アップデートを同時に実行できるクライアントの最大数を示します。

  3. 必要に応じて各コントローラのカウントを増加または減少します。

    すべての設定について最小値は1です。

    すべての設定について最大値は65536です。

  4. vdi.iniファイルを保存して閉じます。
  5. OfficeScan Master Serviceを再起動します。
  6. VDIエンドポイントのCPU、メモリ、ディスク使用リソースを監視します。1から5の手順を繰り返し、コントローラの設定をさらに変更して、VDI環境に最適になるように、同時に実行する検索の数を増加/減少します。