Trend Micro VDIオプション

Trend Micro VDIオプションを使用して、仮想デスクトップ保護を最適化します。この機能によって、単一の仮想サーバに配置されたウイルスバスター Corp.クライアント上のタスクを制御できます。

単一のサーバ上で複数のデスクトップを実行し、オンデマンドの検索やコンポーネントのアップデートを実行すると、大量のシステムリソースが消費されます。この機能を使用して、複数のクライアントが検索やコンポーネントのアップデートを同時に実行するのを禁止することができます。

たとえば、VMware vCenterサーバにウイルスバスター Corp.クライアントを実行する3つの仮想デスクトップがある場合、ウイルスバスター Corp.では、3つのクライアントすべてに対して同時にScanNowを開始し、アップデートを配信できます。Trend Micro VDIオプションは、これらのクライアントが同じ物理サーバ上に存在していることを認識し、最初のクライアントでのタスクの実行を許可し、他の2つのクライアントでの同じタスクの実行を最初のクライアントでタスクが完了するまで延期します。

Trend Micro VDIオプションは次のプラットフォームで使用できます。

  • VMware vCenter™ (VMware View™)

  • Citrix™ XenServer™ (Citrix XenDesktop™)

  • Microsoft Hyper-V™ Server

他の仮想アプリケーションを使用する管理者向けに、ウイルスバスター Corp.サーバは仮想クライアントを管理するエミュレートハイパーバイザとして機能することもできます。

これらのプラットフォームの詳細については、VMware ViewCitrix XenDesktop、またはMicrosoft Hyper-VのWebサイトを参照してください。

オンデマンドの検索を最適化したり、ベースまたはゴールドイメージからGUIDを削除するには、ウイルスバスター Corp. VDI事前検索テンプレート生成ツールを使用します。

Trend Micro VDIオプションのシステム要件については、次のWebサイトを参照してください。

http://www.go-tm.jp/corp/req