不審オブジェクトリストの設定

オンプレミスのControl Managerにウイルスバスター Corp.を登録するためのAPIキーがウイルスバスター Corp.に配信されます。この自動登録プロセスが実行されるようにするには、Control ManagerがDeep Discoveryに接続されており、必要な設定が完了していることをControl Manager管理者に確認してください。

Control Managerサーバへの登録の詳細については、ウイルスバスター Corp.のControl Managerへの登録を参照してください。

  1. [管理] > [設定] > [不審オブジェクトリスト] に移動します。
  2. クライアントで有効にするリストを選択します。
    • 不審URLリストを有効にする

    • 不審IPリストを有効にする (登録済みControl Managerサーバに登録する場合にのみ使用可能)

    • 不審ファイルリストを有効にする (登録済みControl Managerサーバに登録する場合にのみ使用可能)

    • 不審ドメインリストを有効にする (登録済みControl Managerサーバに登録する場合にのみ使用可能)

    管理者は、[今すぐ同期] ボタンをクリックすることで、いつでも不審オブジェクトリストを手動で同期できます。

  3. [ウイルスバスター Corp.クライアントの不審オブジェクトリストのアップデート] で、クライアントで不審オブジェクトリストをアップデートするタイミングを指定します。
    • ウイルスバスター Corp.クライアントのコンポーネントのアップデートスケジュールに従う: 現在のアップデートスケジュールに従って不審オブジェクトリストがアップデートされます。

    • サーバで不審オブジェクトリストがアップデートされたときに自動的に実行する: サーバがアップデートされたリストを受信したときに自動的に不審オブジェクトリストがアップデートされます。

    注:

    アップデートエージェントからアップデートを受信するように設定されていないウイルスバスター Corp.クライアントでは、同期時に登録済み不審オブジェクトリストの差分アップデートが実行されます。

  4. [保存]をクリックします。