サーバ/クライアント間通信の暗号化の強化

ウイルスバスター Corp.の暗号化機能が強化され、サーバとクライアント間の通信にAES (Advanced Encryption Standard) 256暗号化を使用して公的なコンプライアンス標準に対応できるようになりました。

重要:

AES-256暗号化は、ウイルスバスター Corp. 11.0 SP1以降およびプラグインマネージャ2.2以降を実行しているサーバおよびクライアントでのみサポートされます。

警告:

AES-256暗号化を有効にする前に、サーバの管理対象となるすべてのウイルスバスター Corp.クライアントをバージョン11.0 SP1にバージョンアップしてください。古いバージョンのウイルスバスター Corp.クライアントでは、AES-256で暗号化された通信を復号できない可能性があります。古いバージョンのウイルスバスター Corp.クライアントでAES-256暗号化を有効にすると、プロキシサーバの使用時にウイルスバスター Corp.サーバとの通信が完全に失われる可能性があります。

  1. [クライアント] > [グローバルクライアント設定] に移動します。
  2. [ネットワーク] タブをクリックします。
  3. [サーバ/クライアント間通信] セクションに移動します。
  4. [ウイルスバスター Corp.のサーバ/クライアント間通信のAES-256暗号化] の横の [変更] ボタンをクリックします。

    メッセージが表示されます。

  5. [バージョンの確認] をクリックして、すべてのクライアントがウイルスバスター Corp. 11.0 SP1以降にバージョンアップされたことを確認します。
  6. [OK] をクリックします。