ビルトインのユーザの役割

ウイルスバスター Corp.には一連のビルトインのユーザの役割が用意されており、これは変更または削除することができません。ビルトインの役割は次のとおりです。

表 1. ビルトインのユーザの役割
役割名

説明

管理者

この役割は、他のウイルスバスター Corp.管理者またはウイルスバスター Corp.について十分な知識を持つユーザに委任します。

この役割を持つユーザは、すべてのメニュー項目に対する「設定」の権限が付与されます。

注:

「管理者 (ビルトイン)」の役割が割り当てられたユーザのみがプラグインメニュー項目にアクセスできます。

ゲストユーザ

この役割は、Webコンソールを参照用に表示するユーザに委任します。

  • ゲストユーザの役割を持つユーザは、次のメニュー項目にはアクセスできません。

    • プラグイン

    • [管理] > [アカウント管理] > [ユーザの役割]

    • [管理] > [アカウント管理] > [ユーザアカウント]

  • ユーザには、他のすべてのメニュー項目に対する「表示」の権限が付与されます。

トレンドマイクロパワーユーザ

(バージョンアップ限定の役割)

この役割は、ウイルスバスター Corp. 10からバージョンアップした場合にのみ使用できます。

ウイルスバスター Corp. 10の「パワーユーザ」と同等の権限を継承し、この役割を持つユーザにはすべてのクライアントツリードメインに対する「設定」権限が付与されますが、今回のリリースの新しい機能へのアクセスは付与されません。