カスタムの役割の追加

使用可能なビルトインの役割に要件を満たすものがない場合は、新しいカスタムユーザの役割を追加します。

詳細については、ビルトインのユーザの役割を参照してください。

  1. [管理] > [アカウント管理] > [ユーザの役割] に移動します。
  2. [追加] をクリックします。

    [役割の追加] 画面が表示されます。

  3. [役割情報] で、次の項目を指定します。
    • 名前: 役割の一意の名前を入力します。

    • 説明: (オプション)

  4. [役割のアクセス権限] で、次の手順を実行します。
    1. 役割が割り当てられているユーザアカウントがアクセス可能なメニュー項目を選択します。
      • サーバ/クライアントのメニュー項目: ウイルスバスター Corp.クライアントウイルスバスター Corp.サーバのグローバルな設定、タスク、およびデータが含まれています。

        詳細については、サーバおよびクライアントのメニュー項目を参照してください。

      • 管理下のドメインのメニュー項目: クライアントツリー以外で使用可能な、詳細なウイルスバスター Corp.クライアント設定、タスク、およびデータが含まれています。

        詳細については、管理下のドメインのメニュー項目を参照してください。

    2. 役割が割り当てられているユーザアカウントの選択されたメニュー項目に対するアクセス権限を選択します。
      • 設定: メニュー項目へのフルアクセスを許可します。

        ユーザはメニュー項目ですべての設定の指定、すべてのタスクの実行およびデータの表示を行うことができます。

      • 表示: ユーザはメニュー項目の設定、タスクおよびデータの表示のみが許可されます。

      注:

      メニュー項目を完全に非表示にするには、[設定] チェックボックスと [表示] チェックボックスをオフにします。これで、役割が割り当てられているユーザアカウントにはメニュー項目が表示されなくなります。

  5. [保存] をクリックします。

    新しい役割が [ユーザの役割] 画面に表示されます。