ユーザの役割

特定のユーザアカウントによる特定のWebコンソール画面へのアクセスを制限するには、ユーザの役割を定義して割り当てます。Webコンソール画面を完全に非表示にする、アクセス権限を"読み取り専用"に制限する、またはすべての設定権限を付与するようにユーザの役割を定義できます。

次の表は、[ユーザの役割] 画面で使用できるタスクを示しています。

タスク

説明

カスタムの役割の追加

[追加] をクリックして、新しいカスタムの役割を作成します。

詳細については、カスタムの役割の追加を参照してください。

重要:

"ルート"アカウントまたは管理者 (ビルトイン) の役割を持つユーザのみが、カスタムのユーザの役割を作成してユーザアカウントに割り当てることができます。

既存のカスタムの役割からの設定のコピー

既存のカスタムの役割を選択して、[コピー] をクリックします。[役割のコピー] 画面が表示され、初期設定に基づいて新しいカスタムの役割を作成できます。

既存のカスタムの役割の削除

既存のカスタムの役割を選択して、[削除] をクリックします。

重要:

ユーザアカウントに現在割り当てられている役割を削除することはできません。

カスタムの役割のエクスポート

既存のカスタムの役割を選択して [エクスポート] ボタンをクリックし、次のいずれかを選択します。

  • DAT形式でエクスポート: 選択した役割をDATファイルにエクスポートします。このファイルは別のウイルスバスター Corp.サーバにインポートできます。

  • CSV形式でエクスポート: 選択した役割をCSVファイルにエクスポートします。このファイルを使用して役割設定を確認できます。

    重要:

    生成したCSVファイルをウイルスバスター Corp.サーバにインポートすることはできません。

カスタムの役割のインポート

[インポート] をクリックして、以前にエクスポートしたユーザの役割のDATファイルからユーザの役割設定をインポートします。

詳細については、カスタムの役割のインポートまたはエクスポートを参照してください。

既存のカスタムの役割の編集

既存のユーザの役割の名前をクリックして、現在の役割設定を表示または変更します。

注:

事前定義済みのユーザの役割の内容を変更することはできません。

詳細については、ビルトインのユーザの役割を参照してください。