ユーザアカウントの追加

ユーザアカウントを手動で設定するか、Active Directoryアカウントを使用して、クライアントツリー内で使用できる詳細なクライアント設定、タスク、およびデータを表示または設定するための権限を割り当てます。

  1. [管理] > [アカウント管理] > [ユーザアカウント] に移動します。
  2. [追加] をクリックします。

    [ステップ1 ユーザ情報] 画面が表示されます。

  3. [このアカウントを有効にする] を選択します。
  4. [役割の選択] ドロップダウンで、前に設定した役割を選択します。

    詳細については、カスタムの役割の追加を参照してください。

  5. [ユーザ情報] で、次の項目を設定します。
    • カスタムアカウント: ユーザアカウントを手動で作成する場合に選択し、必要な情報を指定します。

      • ユーザ名: アカウントの一意のユーザ名を入力します。

      • 説明: アカウントの説明を入力します。

      • パスワード: アカウントがウイルスバスター Corp. Webコンソールへのログオンに使用するパスワードと確認用のパスワードを入力します。

        重要:

        アカウントパスワードにユーザ名を使用することはできません。ユーザ名以外のパスワードを指定してください。

      • メールアドレス: ユーザアカウントに関連付けられているメールアドレスを入力します。

        注:

        ウイルスバスター Corp.の通知はこのメールアドレスに送信されます。通知によって、受信者にセキュリティリスクの検出や、デジタル資産の転送について知らせます。

        通知の詳細については、管理者向けのセキュリティリスクの通知を参照してください。

    • Active Directoryユーザまたはグループ: 既存のActive Directoryアカウントまたはグループを使用してウイルスバスター Corp. Webコンソールにログオンする場合に選択します。

      注:

      [Active Directoryユーザまたはグループ] オプションが表示されるのは、Active Directory統合を設定済みの場合のみです。

      1. [ユーザ名またはグループ] に、使用するActive Directoryアカウントを入力します。

      2. [ドメイン] に、[ユーザ名またはグループ] が属するActive Directoryドメインを入力します。

      3. [検索] をクリックします。

      4. [ユーザおよびグループ] リストで、検索結果からアカウントを選択し、[>] をクリックして [選択されたユーザおよびグループ] リストに追加します。

  6. [次へ] をクリックします。

    [ステップ2 クライアントドメイン制御] 画面が表示されます。

  7. すべてのウイルスバスター Corp.ドメインの表示を許可するルートアカウントを選択するか、またはユーザアカウントがクライアントツリー内でアクセス可能な特定のウイルスバスター Corp.ドメインを選択します。
    重要:

    ユーザアカウントがクライアントツリーにアクセスしたときにウイルスバスター Corp.に表示されるのは、選択されたドメインのみです。ドメインを選択しない場合、ウイルスバスター Corp.ではクライアントツリー上のドメインが非表示になります。

  8. [次へ] をクリックします。

    [ステップ3 クライアントツリーメニューの定義] 画面が表示されます。

  9. [使用可能なメニュー項目] をクリックして、使用可能なメニュー項目のそれぞれに権限を指定します。使用可能なメニュー項目の一覧は、クライアント管理メニュー項目を参照してください。

    手順8で設定したクライアントツリー範囲によって、メニュー項目に対する権限レベルが決まり、権限の対象が定義されます。クライアントツリー範囲は、ルートドメイン (すべてのクライアント)、または指定したクライアントツリードメインのどちらかです。

    表 1. クライアント管理メニュー項目とクライアントツリー範囲

    条件

    クライアントツリー範囲

    ルートドメイン

    特定のドメイン

    メニュー項目の権限

    設定、表示、またはアクセス拒否

    設定、表示、またはアクセス拒否

    対象

    ルートドメイン (すべてのクライアント) または特定のドメイン

    たとえば、クライアントツリーの [タスク] メニュー項目に対する [設定] 権限を役割に付与できます。対象がルートドメインの場合、ユーザはすべてのクライアントに対してタスクを開始できます。対象がドメインAおよびBの場合は、ドメインAとBに属するクライアントに対してのみタスクを開始できます。

    選択したドメインのみ

    たとえば、クライアントツリーの [設定] メニュー項目に対する [設定] 権限を役割に付与できます。この場合、ユーザは選択したドメイン内のクライアントにのみ設定を配信できます。

    クライアントツリーは、[サーバ/クライアントのメニュー項目] の [クライアント管理] メニュー項目に対する権限が [表示] の場合にのみ表示されます。

    • [設定] の下のチェックボックスをオンにすると、[表示] の下のチェックボックスも自動的にオンになります。

    • どのチェックボックスもオンにしなかった場合、権限は [アクセス拒否] になります。

    • ドメインを選択して権限を設定している場合、[選択したドメインの設定を他のドメインにコピー] をクリックして他のドメインに権限をコピーできます。

  10. [完了] をクリックします。
  11. ユーザにアカウントの詳細を送信します。