ユーザアカウント

ユーザアカウントを手動で設定するか、Active Directoryアカウントを使用して、クライアントツリー内で使用できる詳細なクライアント設定、タスク、およびデータを表示または設定するための権限を割り当てます。各ユーザに特定の役割を割り当てる必要があります。これにより、ユーザが表示または設定できるWebコンソールのメニュー項目が決まります。ウイルスバスター Corp.のユーザアカウントを使用して、Trend Micro Control Managerコンソールからウイルスバスター Corp.への「シングルサインオン」を実行できます。

ウイルスバスター Corp.サーバのインストール時に、「root」というビルトインのアカウントが自動的に作成されます。ルートアカウントを使用してログオンするユーザは、すべてのメニュー項目にアクセスできます。ルートアカウントは削除できませんが、パスワードおよびアカウントの説明などのアカウントの詳細は変更できます。ルートアカウントのパスワードを忘れた場合は、パスワードの再設定についてサポート担当者にお問い合わせください。

注:

ウイルスバスター Corp.サーバをバージョンアップした場合、以前に追加したカスタムアカウントについては、[ステップ3 クライアントツリーメニューの定義] 画面でカスタムアカウントを編集し、すべての新機能を手動で有効にする必要があります。

権限の詳細については、ドメインの権限の定義を参照してください。

次の表は、[ユーザアカウント] 画面で使用できるタスクを示しています。

タスク

説明

アカウントの追加

[追加] をクリックして、新しいユーザアカウントを作成します。

詳細については、ユーザアカウントの追加を参照してください。

既存のアカウントの削除

既存のユーザアカウントを選択して、[削除] をクリックします。

既存のアカウントの編集

既存のユーザアカウントの名前をクリックして、現在のアカウント設定を表示または変更します。