参照サーバ

ウイルスバスター Corp.クライアントでどのポリシーまたはプロファイルを使用するかを決定する方法の1つは、ウイルスバスター Corp.サーバとの接続状態をチェックすることです。内部ウイルスバスター Corp.クライアント (企業のネットワーク内のクライアント) がサーバに接続できない場合、クライアントの状態はオフラインになります。この場合、このクライアントには、外部クライアント用のポリシーまたはプロファイルが適用されます。この問題に対処するのが参照サーバです。

ウイルスバスター Corp.サーバとの接続が切断されたウイルスバスター Corp.クライアントは、参照サーバとの接続を試行します。クライアントが参照サーバとの接続の確立に成功すると、内部クライアント用のポリシーまたはプロファイルが適用されます。

参照サーバにより管理されるポリシーおよびプロファイルは、次のとおりです。

  • ファイアウォールプロファイル

  • Webレピュテーションポリシー

  • 情報漏えい対策オプションポリシー

  • デバイスコントロールポリシー

次の点に注意してください。

  • サーバの機能 (Webサーバ、SQLサーバ、FTPサーバなど) を持つコンピュータを、参照サーバとして割り当てます。最大320の参照サーバを指定できます。

  • ウイルスバスター Corp.クライアントは、参照サーバリスト上の1番目の参照サーバに接続します。接続が確立できない場合、クライアントはリスト上の2番目のサーバへの接続を試行します。

  • ウイルスバスター Corp.クライアントは、使用するウイルス対策 (挙動監視、デバイスコントロール、ファイアウォールプロファイル、Webレピュテーションポリシー) または情報漏えい対策オプション設定を決定する際に参照サーバを使用します。参照サーバでは、クライアントを管理したり、アップデートやクライアント設定を配信することはありません。このようなタスクは、ウイルスバスター Corp.サーバが実行します。

  • ウイルスバスター Corp.クライアントは、ログを参照サーバに送信したり、参照サーバをアップデート元として使用することはできません。