隔離フォルダ設定

ウイルスバスター Corp.クライアントでセキュリティリスクを検出し、検出時の処理が隔離であった場合、感染ファイルを暗号化して、<クライアントインストールフォルダ>\SUSPECT\Backupにあるローカルの隔離フォルダに移動します。

ファイルをローカルの隔離ディレクトリに移動した後、ウイルスバスター Corp.クライアントはそれを指定された隔離ディレクトリに送信します。[クライアント] > [クライアント管理] > [設定] > {検索の種類} 設定 > [処理] タブで、ディレクトリを指定します。指定された隔離ディレクトリのファイルは、他のファイルに感染しないように暗号化されます。詳細については、隔離ディレクトリを参照してください。

指定された隔離ディレクトリが、ウイルスバスター Corp.サーバコンピュータ上にある場合、Webコンソールでサーバの隔離ディレクトリ設定を変更します。サーバでは、隔離ファイルを <サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Virusに保存します。

注:

ウイルスバスター Corp.クライアントが、何らかの理由で (ネットワーク接続の問題など) 暗号化されたファイルをウイルスバスター Corp.サーバに送信できない場合、暗号化されたファイルはウイルスバスター Corp.クライアントの隔離フォルダに残ります。ウイルスバスター Corp.クライアントは、ウイルスバスター Corp.サーバに接続する際にファイルの再送信を試行します。