今回のウイルスバスター Corp.リリースにおけるControl Managerとの統合

このウイルスバスター Corp.のリリースには、Control Managerからウイルスバスター Corp.サーバを管理するために次の機能が用意されています。

  • ウイルスバスター Corp.ウイルス対策、情報漏えい対策、およびデバイスコントロール用のポリシーを作成、管理、および配信します。さらにControl Managerコンソールからウイルスバスター Corp.クライアントに権限を直接割り当てます。

    次の表は、Control Manager6.0 SP3 Patch 2で使用可能なポリシー設定のリストを示しています。

    表 1. Control Managerでのウイルスバスター Corp.のポリシー管理の種類

    ポリシーの種類

    機能

    ウイルスバスター Corp.ウイルス対策およびクライアントの設定

    • 追加サービス設定

    • 挙動監視設定

    • デバイスコントロール設定

    • 手動検索設定

    • 機械学習型検索の設定

    • 権限とその他の設定

    • リアルタイム検索設定

    • サンプル送信

    • 検索方法

    • ScanNow設定

    • 予約検索設定

    • スパイウェア/グレーウェアの承認済みリスト

    • 不審接続監視設定

    • 信頼済みプログラムリスト

    • アップデートエージェント設定

    • Webレピュテーション設定

    情報漏えい対策オプション

    情報漏えい対策ポリシー設定

    注:

    情報漏えい対策オプションのためのデバイスコントロール権限は、ウイルスバスター Corp.クライアントのポリシーで管理します。

    ウイルスバスター Corp.クライアントのポリシー設定をControl Managerサーバに移行する作業の詳細については、ウイルスバスター Corp.設定エクスポートツールを参照してください。

  • Control Managerコンソールを使用して、次の設定をあるウイルスバスター Corp.サーバから別のウイルスバスター Corp.サーバに複製します。

注:

情報漏えい対策オプションのライセンスがアクティベートされていないウイルスバスター Corp.サーバに、これらの設定が複製された場合、その設定はライセンスがアクティベートされたときに有効になります。