ログ管理

ウイルスバスター Corp.では、セキュリティリスクの検出、イベント、およびアップデートに関する包括的なログを保持します。これらのログを使用して、組織の保護ポリシーを評価し、感染や攻撃のリスクが高いウイルスバスター Corp.クライアントを特定します。また、これらのログは、クライアントとサーバ間の接続のチェック、およびコンポーネントのアップデートが成功したかどうかの確認にも使用できます。

ウイルスバスター Corp.では、サーバ側からの確認メカニズムを使用して、ウイルスバスター Corp.サーバとクライアントの間の時刻の一貫性を確保することもできます。タイムゾーン、夏時間、および時差によってログの不一致が発生すると、ログの分析時に混乱を引き起こす可能性がありますが、このメカニズムを利用することでそれを回避できます。

注:

サーバアップデートログおよびシステムイベントログを除くすべてのログに対して時間が確認されます。

ウイルスバスター Corp.サーバがウイルスバスター Corp.クライアントから受信するログは次のとおりです。

ウイルスバスター Corp.サーバでは次のログを生成します。

ウイルスバスター Corp.サーバおよびウイルスバスター Corp.クライアントでは、次のログも使用できます。