ウイルスバスター Corp. XGの新機能

このバージョンのウイルスバスター Corp.に含まれる新機能および機能強化は次のとおりです。

機能

説明

ランサムウェア対策の強化

ランサムウェアに対する保護がさらに強化され、ランサムウェアによる暗号化の前にファイルをバックアップすることや、ランサムウェアに関連するプロセスのブロック、不正な実行可能ファイルのネットワーク感染防止が可能になりました。

詳細については、ランサムウェア対策を参照してください。

新たに検出されたプログラム対策の強化

ランサムウェア対策セキュリティポリシーをより簡単に個々のクライアントに適用できるように、新たなプログラムの検出機能が [挙動監視設定] 画面に移動されました。

詳細については、新たに検出されたプログラム対策を参照してください。

ユーザが新たなプログラムをダウンロードおよび実行した場合にクライアントエンドポイントに表示されるメッセージをカスタマイズすることもできます。

詳細については、通知メッセージの内容の変更を参照してください。

機械学習型検索

機械学習型検索エンジンは、高度なファイル機能分析とヒューリスティックなプロセス監視を通じて、まだ特定されていない未知の新しい脅威からネットワークを保護します。ファイルやプロセスに脅威が含まれている可能性と潜在的な脅威の種類を特定して、ゼロデイ攻撃から保護します。

ウイルスバスター Corp.エッジリレーサーバ

ウイルスバスター Corp.エッジリレーサーバでは、次の機能を使用して、ローカルイントラネット外にあるエンドポイントの可視性と保護を強化することができます。

  • 不審オブジェクトリストの同期

  • サンプル送信

  • ログ送信

  • クライアントステータス情報の送信 (現在のパターンファイルやコンポーネントのバージョンなど)

詳細については、エッジリレーサーバを参照してください。

不審ファイルのサンプル送信

Deep Discoveryシリーズの仮想アナライザとのさらなる統合を図るために、ウイルスバスター Corp.クライアントで未知の脅威を含む可能性がある不審ファイルを検出し、詳しい分析のために仮想アナライザに直接送信できるようになりました。脅威が含まれていることが確認されると、不審オブジェクトリストがただちにアップデートされてすべてのクライアントに同期されるため、ネットワークへの脅威の拡散を防ぐことができます。

詳細については、サンプル送信を参照してください。

ダッシュボードUIの強化

ダッシュボードが改良され、ネットワークの保護ステータスを把握しやすくなりました。

Control Managerとの統合強化

Control Managerとウイルスバスター Corp.サーバの間の不正な通信を防ぐために、Control Managerサーバへの登録時に証明書認証を必須にし、Control Managerサーバによるポリシー管理を公開鍵暗号化で管理するようにしました。

詳細については、Control Manager証明書の承認を参照してください。

脆弱性対策

リアルタイム検索で、共通脆弱性識別子 (CVE) を使用して脅威を検出およびブロックできるようになりました。

詳細については、検索設定を参照してください。

挙動監視でも、脆弱性攻撃に多くみられる異常なプログラム動作を検出できます。

詳細については、脆弱性対策を参照してください。

不審接続監視の強化

グローバルC&C IPリストおよび不正プログラムネットワークフィンガープリントで検出されたネットワーク接続について、不審接続監視機能でログに記録するかブロックするかを設定できるようになりました。

詳細については、不審接続監視の設定を参照してください。

ファイアウォールの強化

ウイルスバスター Corp.ファイアウォールのアプリケーションのフィルタで、Windows 8以降のプラットフォームがサポートされるようになりました。

ファイアウォールのセキュリティレベルと除外リストを設定する権限をウイルスバスター Corp.クライアントユーザに付与できます。

詳細については、ファイアウォールプロファイルの追加を参照してください。

プラットフォームとブラウザのサポート

本バージョンのウイルスバスター Corp.では、以下のサポートが追加されています。

  • Microsoft™ Windows™ Server 2016

注:

本バージョンのウイルスバスター Corp.では、Apache Webサーバのサポートは廃止されています。