フォレンジックスフォルダおよびデータベースの設定変更

管理者は、フォレンジックスフォルダの場所と削除スケジュール、およびクライアントからアップロードされるファイルの最大サイズをウイルスバスター Corp.のINIファイルを変更することによって変更できます。

警告:

情報漏えい対策イベントをログに記録した後でフォレンジックスフォルダの場所を変更すると、データベースのデータと既存のフォレンジックスファイルの場所との関連付けが分断される原因となります。フォレンジックスフォルダの場所を変更した後に、既存のフォレンジックスファイルを手動で新しいフォレンジックスフォルダに移動することをお勧めします。

次の表は、ウイルスバスター Corp.サーバにある<サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Private\ofcserver.iniファイルで使用可能なサーバ設定の概要を示しています。

表 1. PCCSRV\Private\ofcserver.iniでのフォレンジックスフォルダサーバの設定

目的

INI設定

ユーザ指定のフォレンジックスフォルダを有効にする

[INI_IDLP_SECTION]

EnableUserDefinedUploadFolder

0: 無効 (初期設定)

1: 有効

ユーザ指定のフォレンジックスフォルダを設定する

[INI_IDLP_SECTION]

UserDefinedUploadFolder

注:
  • 管理者は、ウイルスバスター Corp.でこの設定を適用する前に、EnableUserDefinedUploadFolderの設定を有効にする必要があります。

  • フォレンジックスフォルダの初期設定の場所:

    <サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Private\DLPForensicData

  • ユーザ指定のフォレンジックスフォルダは、サーバコンピュータ上の物理ドライブ (内部または外部) になければなりません。ウイルスバスター Corp.は、ネットワークドライブのマッピングはサポートしていません。

初期設定値:<この値はカスタマー定義のフォルダパスに置き換えてください。例:C:\VolumeData\OfficeScanDlpForensicData>

ユーザ指定値:サーバコンピュータ上のドライブの物理的な場所でなければなりません。

フォレンジックスデータファイルの削除を有効にする

[INI_IDLP_SECTION]

ForensicDataPurgeEnable

0: 無効

1: 有効 (初期設定)

フォレンジックスデータファイルの削除チェック間隔を設定する

[INI_IDLP_SECTION]

ForensicDataPurgeCheckFrequency

注:
  • 管理者は、ウイルスバスター Corp.でこの設定を適用する前に、ForensicDataPurgeEnableの設定を有効にする必要があります。

  • ウイルスバスター Corp.は、ForensicDataExpiredPeriodInDaysで指定された有効期限を過ぎたデータファイルのみを削除します。

1: 月次、毎月1日の00:00時

2: 週次 (初期設定)、毎週日曜日の00:00時

3: 日次、毎日00:00時

4: 毎時、毎時00分

フォレンジックスデータファイルをサーバに保存する期間を設定する

[INI_IDLP_SECTION]

ForensicDataExpiredPeriodInDays

初期設定値 (日数): 180

最小値: 1

最大値: 3650

フォレンジックスファイルのディスク容量チェック間隔を設定する

[INI_SERVER_DISK_THRESHOLD]

MonitorFrequencyInSecond

注:

フォレンジックスデータフォルダの利用可能なディスク容量が、InformUploadOnDiskFreeSpaceInGbの設定で指定された値より小さくなると、ウイルスバスター Corp.はWebコンソールでイベントログを記録します。

初期設定値 (秒数): 5

フォレンジックスファイルのディスク容量チェックのアップロード頻度を設定する

[INI_SERVER_DISK_THRESHOLD]

IsapiCheckCountInRequest

注:

フォレンジックスデータフォルダの利用可能なディスク容量が、InformUploadOnDiskFreeSpaceInGbの設定で指定された値より小さくなると、ウイルスバスター Corp.はWebコンソールでイベントログを記録します。

初期設定値 (ファイル数): 200

ディスク空き容量不足通知を実行する最小ディスク容量を設定する

[INI_SERVER_DISK_THRESHOLD]

InformUploadOnDiskFreeSpaceInGb

注:

フォレンジックスデータフォルダ内の利用可能なディスク容量が設定値より少なくなると、ウイルスバスター Corp.はWebコンソールにイベントログを記録します。

初期設定値 (GB): 10

クライアントからフォレンジックスデータファイルをアップロードするために必要な最小容量を設定する

[INI_SERVER_DISK_THRESHOLD]

RejectUploadOnDiskFreeSpaceInGb

注:

フォレンジックスデータフォルダの利用可能なディスク容量が設定値より少なくなると、ウイルスバスター Corp.クライアントはフォレンジックスデータファイルをサーバにアップロードせず、ウイルスバスター Corp.はWebコンソールにイベントログを記録します。

初期設定値 (GB): 1

次の表は、ウイルスバスター Corp.サーバ上にある<サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\ofcscan.iniファイルで使用可能なウイルスバスター Corp.クライアントの設定の概要を示しています。

表 2. PCCSRV\ofcscan.iniでのフォレンジックスファイルのクライアント設定

目的

INI設定

フォレンジックスデータファイルのサーバへのアップロードを有効にする

UploadForensicDataEnable

0: 無効

1: 有効 (初期設定)

ウイルスバスター Corp.クライアントがサーバにアップロードできるファイルの最大サイズを設定する

UploadForensicDataSizeLimitInMb

注:

ウイルスバスター Corp.クライアントは、設定サイズよりも小さいファイルのみをサーバに送信します。

初期設定値 (MB): 10

最小値: 1

最大値: 2048

フォレンジックスデータファイルをウイルスバスター Corp.クライアントに保存する期間を設定する

ForensicDataKeepDays

注:

ウイルスバスター Corp.クライアントは、指定の有効期間を過ぎたフォレンジックスデータファイルを前日の削除時刻に基づいて 1 日 1 回削除します。

初期設定値 (日数): 180

最小値: 1

最大値: 3650

ウイルスバスター Corp.クライアントがサーバとの接続をチェックする間隔を設定する

ForensicDataDelayUploadFrequenceInMinutes

注:

ウイルスバスター Corp.クライアントは、フォレンジックスファイルをサーバに自動的にアップロードできない場合、指定された間隔でファイルのアップロードを試みます。

初期設定値 (分数): 5

最小値: 5

最大値: 60