ウイルスバスター Corp.クライアントへの情報漏えい対策オプションの配信

ライセンスをアクティベートしたら、情報漏えい対策オプションモジュールをウイルスバスター Corp.クライアントに配信します。配信後に、ウイルスバスター Corp.クライアントで情報漏えい対策とデバイスコントロールの使用が開始されます。

重要:
  • Windows Server 2003、Windows Server 2008、およびWindows Server 2012では、初期設定で、ホストコンピュータの性能に影響を与えないようにこのモジュールが無効になっています。モジュールを有効にする場合は、システムの性能を継続的に監視し、性能の低下が確認された場合には必要な措置を取るようにしてください。

    モジュールはWebコンソールから有効または無効にすることができます。詳細については、ウイルスバスター Corp.クライアントサービスを参照してください。

  • すでに、Trend Micro Data Loss Preventionソフトウェアがエンドポイントに存在する場合は、ウイルスバスター Corp.によって情報漏えい対策オプションモジュールと置き換えられることはありません。

  • クライアントがオンラインの場合は、ただちに情報漏えい対策オプションモジュールがインストールされます。クライアントがオフラインやスタンドアロンの場合は、ウイルスバスター Corp.サーバに再接続したときにモジュールがインストールされます。

  • 情報漏えい対策ドライバのインストールを完了するには、ユーザがコンピュータを再起動する必要があります。事前に、再起動のことをユーザに通知しておいてください。

  • 配信問題の解決を容易にするためにデバッグロギングを有効にすることをお勧めします。詳細については、情報漏えい対策オプションモジュールのデバッグログの有効化を参照してください。