クライアントの接続状態

ウイルスバスター Corp.クライアントの接続状態は、ウイルスバスター Corp.サーバとウイルスバスター Corp.クライアントとの通信方法によって異なります。次の表に、ウイルスバスター Corp.クライアントの各種の接続状態を示します。

表 1. クライアントの接続状態

接続状態

説明

オンライン

ウイルスバスター Corp.クライアントウイルスバスター Corp.サーバに接続でき、以下の作業を目的とした双方向通信が可能です。

  • ポリシー設定

  • アップデート

  • 検索コマンド

  • 不審オブジェクトリストの同期

  • サンプル送信

  • ログ送信

オフライン

ウイルスバスター Corp.クライアントからウイルスバスター Corp.サーバまたはエッジリレーサーバへの接続が確立されていません。

スタンドアロン

ウイルスバスター Corp.クライアントはウイルスバスター Corp.サーバに接続できますが、通信に制限があります。スタンドアロンモードでの制限は次のとおりです。

  • ウイルスバスター Corp.クライアントはサーバからポリシー設定を受け取りません。

  • ウイルスバスター Corp.クライアントはサーバから検索コマンドを開始しません。

  • ウイルスバスター Corp.クライアントはサーバにログを送信しません。

ウイルスバスター Corp.サーバへの接続が確立されている場合、コンポーネントのアップデートを許可またはブロックする権限をスタンドアロンモードのクライアントに設定できます。

エンドユーザは、スタンドアロンモードのクライアントで検索やアップデートを手動で開始できます。

オフプレミス

ウイルスバスター Corp.クライアントは企業のネットワーク外にあり、ウイルスバスター Corp.サーバに直接接続することはできません。ただし、エッジリレーサーバに接続して以下の作業を実行することができます。

  • 不審オブジェクトリストの同期

  • サンプル送信

  • ログ送信

注:

ウイルスバスター Corp.サーバはウイルスバスター Corp.クライアントに直接接続されていないため、クライアントツリーではオフプレミスクライアントの接続状態"オフライン"と表示されます。