Windows Server Coreのコマンド

コマンドラインインタフェースからコマンドを実行して、ウイルスバスター Corp.クライアントのタスクを実行します。

コマンドを実行するには、「PccNTMon.exe」がある場所に移動します。このプロセスによって、ウイルスバスター Corp.クライアントコンソールが起動します。このプロセスは<クライアントインストールフォルダ>にあります。

次の表に使用可能なコマンドを示します。

表 1. Windows Server Coreのコマンド

コマンド

処理

pccnt <ドライブまたはフォルダパス>

指定したドライブまたはフォルダでセキュリティリスクを検索します。

ガイドライン:

  • フォルダパスにスペースが含まれる場合は、パス全体を引用符で囲みます。

  • ファイルを個々に検索することはできません。

正しいコマンド:

  • pccnt C:\

  • pccnt D:\Files

  • pccnt "C:\Documents and Settings"

正しくないコマンド:

  • pccnt C:\Documents and Settings

  • pccnt D:\Files\example.doc

pccntmon -r

リアルタイムモニタを開きます。

pccntmon -v

クライアントコンポーネントとそのバージョンを表示します。

pccntmon -u

ウイルスバスター Corp.クライアントコンポーネントをアップデートします。

pccntmon -n <アンロードパスワード>

ウイルスバスター Corp.クライアントをアンロードします。

ウイルスバスター Corp.クライアントを再ロードするには、次のコマンドを入力します。

pccntmon

pccntmon -m <アンインストールパスワード>

ウイルスバスター Corp.クライアントをアンインストールします。

pccntmon -c

コマンドラインに次の情報が表示されます。

  • 検索方法

    • スマートスキャン

    • 従来型スキャン

  • パターンファイルのステータス

    • 最新版

    • 旧版

  • リアルタイム検索サービス

    • 機能しています

    • 無効または機能していません

  • クライアントの接続状態

    • オンライン

    • スタンドアロン

    • オフライン

  • Webレピュテーションサービス

    • 利用可能

    • 再度接続しています

  • ファイルレピュテーションサービス

    • 使用可能

    • 再接続しています

pccntmon -h

使用可能なすべてのコマンドを表示します。