ウイルスバスター Corp.クライアントのロールバック

ウイルスバスター Corp.クライアントは、復元するサーバと同じバージョンにのみロールバックできます。サーバよりも古いバージョンにロールバックすることはできません。

重要:

ウイルスバスター Corp.サーバをロールバックする前に必ずウイルスバスター Corp.クライアントをロールバックしてください。

  1. ウイルスバスター Corp.クライアントでクライアントプログラムをバージョンアップできないことを確認します。
    1. ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1のWebコンソールで、[クライアント] > [クライアント管理] に移動します。
    2. ロールバックするウイルスバスター Corp.クライアントを選択します。
    3. [設定] > [権限とその他の設定] > [その他の設定] タブをクリックします。
    4. [ウイルスバスター Corp.クライアントがアップデートするコンポーネント] リストで、[パターンファイル、エンジン、ドライバ] を選択します。
  2. ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1のWebコンソールで、[アップデート] > [クライアント] > [アップデート元] に移動します。
  3. [ユーザ指定アップデート元] を選択します。
  4. [ユーザアップデート元リスト] で、[追加] をクリックします。

    新しい画面が表示されます。

  5. ロールバックするウイルスバスター Corp.クライアントのIPアドレスを入力します。
  6. アップデート元のURLを入力します。

    たとえば、次のように入力します。

    http://<ウイルスバスター Corp.サーバのIPアドレス>:<ポート番号>/OfficeScan/download/Rollback

  7. [保存] をクリックします。
  8. [すべてのクライアントに通知] をクリックします。

    ロールバックするウイルスバスター Corp.クライアントがアップデート元からアップデートされる際、ウイルスバスター Corp.クライアントはアンインストールされ、以前のバージョンのウイルスバスター Corp.クライアントがインストールされます。

    ヒント:

    ウイルスバスター Corp.クライアントで手動アップデートを開始すると、ロールバックプロセスをスピードアップできます。詳細については、ウイルスバスター Corp.クライアントの手動アップデートを参照してください。

  9. 以前のバージョンのウイルスバスター Corp.クライアントがインストールされた後、ユーザにエンドポイントを再起動するよう通知します。

    ロールバックプロセスの完了後、ウイルスバスター Corp.クライアントは引き続き同じウイルスバスター Corp.サーバにレポートします。

    注:

    ウイルスバスター Corp.クライアントのロールバック後、ウイルスパターンファイルを含むすべてのコンポーネントも前のバージョンにロールバックされます。管理者がウイルスバスター Corp.サーバをロールバックしないと、ロールバックされたウイルスバスター Corp.クライアントではコンポーネントをアップデートできません。管理者は、ロールバックされたウイルスバスター Corp.クライアントのアップデート元を標準のアップデート元に変更して、引き続きコンポーネントアップデートを受信できるようにする必要があります。