IPv6 シングルスタッククライアントの制限事項

次の表は、IPv6アドレスのみ指定されているウイルスバスター Corp.クライアントの制限事項を示しています。

表 1. IPv6 シングルスタッククライアントの制限事項

項目

制限事項

上位ウイルスバスター Corp.サーバ

IPv6シングルスタックウイルスバスター Corp.クライアントは、IPv4シングルスタックのウイルスバスター Corp.サーバでは管理できません。

アップデート

IPv6 シングルスタッククライアントは、IPv4シングルスタックの次のアップデート元からはアップデートできません。

  • トレンドマイクロのアップデートサーバ

  • IPv4シングルスタックのウイルスバスター Corp.サーバ

  • IPv4シングルスタックのアップデートエージェント

  • IPv4シングルスタックのその他のアップデート元

検索クエリ、Webレピュテーションクエリ、およびスマートフィードバック

IPv6シングルスタックウイルスバスター Corp.クライアントからは、次のようなSmart Protectionソースにクエリを送信することはできません。

  • Smart Protection Server 2.0 (統合またはスタンドアロン)

    注:

    Smart Protection Serverでは、バージョン2.5以降、IPv6がサポートされるようになりました。

  • Trend Micro Smart Protection Network (スマートフィードバックも含む)

ソフトウェアの安全性

IPv6シングルスタックのウイルスバスター Corp.クライアントは、トレンドマイクロがホストするソフトウェア安全性評価サービスに接続できません。

プラグインソリューション

いずれのプラグインソリューションもIPv6をサポートしていないため、IPv6シングルスタックのウイルスバスター Corp.クライアントでプラグインソリューションをインストールすることはできません。

プロキシ接続

IPv6シングルスタックウイルスバスター Corp.クライアントは、IPv4シングルスタックのプロキシサーバを介して接続できません。

これらの制限事項の多くは、IPv4アドレスとIPv6アドレスを変換できるDeleGateなどのデュアルスタックプロキシサーバを設定することで回避できます。プロキシサーバは、ウイルスバスター Corp.クライアントと接続先との間に設置します。